FC2ブログ
 

 

個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2019-08

Electra Glide Audio Epiphany X AC Power Cable

 このメーカーを意識したのは、ネットオークションで高値を付けているのを見てからだ。オークション価格も高いが、米国の販売価格は腰が抜けるほど高い。日本のショップでは見かけないけど、なんだろうこのケーブルは、と興味を持った。ネットを探すと、良い評価もあるし、とんでも悪い評価もある。米国のオークションサイトでは、展示品が破格で投げ売られているのも見かけた。でも、Stealth Indraを譲ってくださった方が、Current Cableにする前はElectra Glide Epiphanyを3本使っていたと聞いて、選択肢のひとつと考えるようになった。
 そんな私は、電源ケーブルの充実を考えており、日頃、良さそうだナァと思っているケーブルをリストアップしていた。(順不同)

 Shunyata Anaconda
 Stealth Dream
 NBS Statement Extreme
 NBS Black Label
 MIT Oracle AC2
 Esoteric 8N-PC8100
 Current Cable Peacemaker
 Allegro Power Cable
 Electra Glide Epiphany X

 これらの導入については、どれも結構高価なケーブルになるので、是非試聴してからにしたいものだと思っていたが、気にかかることがあった。それは、我が家の現行電源ケーブルのなかで、最高クラスがStealth Cloude Nineであり、これとの比較で適切な評価ができるだろうか、というもの。現に、Current Cable Peacemakerをお借りできたときは、よいケーブルなのはよく分かったのだが、どの程度よいのかはよく分からなかった。そんなこんなで、まずはリファレンスとなるケーブルを入手しないとなぁ、と思っていた。
 どこかから安く入手できないかと思い、ネットで出物をのんびりウォッチしていたところ、このElectra Glide Epiphany Xを見つけた。定価だけなら最高クラスのようだし、リファレンスとしてはいいんじゃない、などと考えは軽く、懐も軽くしてみた。『衝動』にはすっかり抵抗できなくなってしまったのか・・・

 熟考に熟考を重ねて、用意周到な計画の下に注文したものは、納品までの間はとても楽しみで幸福に満ちた時間だ。衝動買いとまでいかなくても、軽い気持ちで買ってしまったものは、納品までの間は、後悔→開き直り→希望→戒め→後悔→、って頭の中でグルグル回るよね。この商品が届くまで、いったい何回転したことやら。
 とにかくElectra Glide Epiphany Xは無事に納品されて、音出しへ。

Electra Glide Epiphany X

Electra Glide Epiphany X - lavel
 見た目は、メタリックの網目で結構太い。でも持った感じはすごく軽くて、やや拍子抜け。柔らかさもあるので、取り回しは容易かと思ったら、プラグとコネクタの付け根の圧着チューブが硬く、機器の後方は若干広さが必要となる。
 ハンドメイドなこのケーブル、導体は銅16本、銀16本のフォイル(リボン)のようだ。
 ラベルに記載されているサイトは何やらよく分からないぞ?!

 最初は、プリViola Cadenzaにつないで、Stealth Cloude Nineとの比較。Epiphany Xに交換すると、一瞬すごい静寂さ、なんて思ったが大間違い。高域が出てなくて、Cloude Nineが醸し出していた荘厳な空間と響きが、一切消えてしまっていた。なんじゃこりゃ。ま、そのせいか中域はよく主張していたけど。あと、低域もあんまりパッとしない。Cloude Nineが素晴らしいケーブルだということがよく分かった。ってかCloude Nineは、ちと響きすぎだね。
 次にCDP Mark Levinson No390SLにつないで、MIT Shotgun AC1との比較。これもなんだか高域が薄れる。ただし、中域はちょっと温かく肉感的な音になった。Wireworld Gold Eclipse 3+の音を思い出した。レンジは決して広くないが、中域の魅力を存分に引き出す、そんなケーブルなのか。でも、Shotgun AC1と競っているようじゃ・・・
 説明書によると、このEpiphany Xは、少なくとも30日間のエイジングが必要で、エイジング後は、"wonderful black background"の中に"powerful bass"で"sweet extended highs"で"rich full midrange"の、今まで聴いたことのないような、微細なニュアンスの音まで聴かせてくれるらしい。なるほどー。よっし、消費電力377WのプラズマTVで強制エイジングしよー。根が貧乏な私は、CDを何十時間も掛けっ放しとかはできないのだ。
 そんなわけで、再評価は1ヶ月後か。・・・お!プラズマTVの音がよくなった。


 エージング後のインプレはこちら
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/68-4f97368c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する