FC2ブログ
 

 

個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2019-08

JPS Labs Superconductor2

 プリを追加したことによりインターコネクトケーブルが1本必要になり、AVアンプ-パワーアンプ間に使用していたPAD Musaeusをプリ-パワー間に持ってきた。AVアンプはとりあえず代わりに数百円の赤黒ケーブルをつないだ。そしたら何とノイズを拾うことか。サー、サーと気になって音を出す気になれない。これはMusaeusをAVアンプに戻して、プリ-パワー間には新たなインターコネクトケーブルを購入しないとしょうがない、と思っていた。
 そんなところへJPS Labs Superconductor2の中古が出現。買ってしまった。Cadenzaの購入代金の引き落としもまだこれからなのに・・・
 買ってしまったものはしょうがないから、さっそく使ってみよう。チェックCDは「lizz wright / dreaming wide awake」の1曲目「A Taste of Honey」。ギターの生々しい曲だ。

●実験:高解像度ケーブルを下流に
 まずはちょっとした実験から。
 現在、
  CDP → Wireworld Gold Eclipse 3+ → プリ → PAD Musaeus → パワー
と、上流に高価なケーブルを使っているのだが、これを反対にするとどうなるか。
  CDP → PAD Musaeus → プリ → Wireworld Gold Eclipse 3+ → パワー
として聴いてみた。

 こんなに違うのかと思った。冒頭のギターが、弦の伸びきった使い古しのギターの音に聴こえた。薄っぺらで音が響かずにカスレていて前に出てこない。ベースも余韻が短かく尻切れになってしまい迫力がない。音場にも厚みがなくなっている。ボーカルもカサカサ。
 やっぱり高解像度のケーブルは上流に持ってこないと台無しだなぁ、というのが分かりすぎるくらいよく分かる実験となった。

●JPS Labs Superconductor2
 いよいよJPS Labs Superconductor2の出番。これはバランスケーブルなので、入る場所はCDP-プリ間しかない。
  CDP → JPS Labs Superconductor2 → プリ → Wireworld Gold Eclipse 3+ → パワー
となる。

 いきなり音が洪水のようにあふれ出した。音の出だしのアタック感がスゴイ。音に芯が入ったというより、出だしにガツンとくるような音の勢いだ。中域は分厚くなり、高域は響きが多く余韻が長い。低域はぶるぶると空気まで震えだした。電源回りを変えたことにより失われた中域の前に出てくるような力強さが戻ってきたようだ。低域寄りに変わったかと思ったがそうではない、高域もより存在をアピールしている。低域と高域が強調されている、というより以前のGold Eclipse 3+がかなりのかまぼこ型だったのかも。かなり音量が上がったのだが、これはRCA端子からXLR端子に入力が変わったせいかもしれない。
 ネットでこのSuperconductorは「ロック向け」という評を目にしたが、なるほどそうかもしれないなぁ。
 しばらく圧倒されて聴いていたのだが、チェックCDをいつもの「LaShell Griffin / Free」11曲目「Better Days」に変えてよく聴くと良いところばかりではなさそうだ。音が硬質になっており、サビのボーカルの高音部、LaShellが唄い上げる部分ではちょっと耳が痛い。こっちはどうかとCDを「柴田淳 / ため息」にすると、中域寄りで温かくて柔らかい癒し系の柴淳は、ちょっと冷たく素っ気なくなってしまった。これは寂しいかも。
 悪い点はまだある。情報量の多さと引き替えに点音源ではなくなってしまった。「ぼやける」とか「にじむ」とかの言葉は相応しくない。楽器やボーカルがでっかくなったと表現したほうが当たっているだろう。(後日補足:こういうのを「音像が大きくなった」って言うよね。まだまだ表現力がないなぁ・・・)
 世の中100%どっちが良い悪いなどというものは少ない。オーディオも結局、取捨選択、トレードオフの関係のなかで手探っていくんだろうなぁ。とするとだ、ここからMusaeusに戻しても褒めようと思えば褒められるわけだ。なんだかなぁ・・・

 1日経って冷静に色々聴いていると、高解像度になって音数が増えたのと、音源の面積が大きくなったのと、音に強い芯ができたのと、高域に響きが乗ったのと、高域低域の音が強調されたのと、ボリュームが上がったのと、元々のルームチューニングが反射が多いのと・・・つまりにぎやかになり過ぎてる気がする。音をもう少し整理させたほうがいいようだ。
 私の考えていた対策の順番で行くと次は電源まわりなのだが、飛び越えてルームアコースティックに手を出したほうがいいのかな?考えどころだ、ってもう金ないゾー!


追記
 いろいろあって、このケーブルはプリ-パワー間へ、詳しくは「Goldmund バランス接続」


追記その二
 今現在ではお役御免となってしまったこのケーブルもStealth Indra Amorphous Interconnect XLR (2本目)との比較では、ずいぶんと健闘を見せた。引退させるにはちとモッタイナイ、なかなかのケーブルだ。


JPS Labs Superconductor2JPS Labs Superconductor2

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/41-213f3d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する