個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dCS Elgar plus

 やばいっ!手ごろなElgarの中古は当分出ないだろう、そうタカを括ってオーディオの他に値の張る買い物をしてしまったのだ。つい先月のことだ。しかし、中古の出物をお願いしていたdearaudioの店長から、入荷したとの不意を突くメールが飛び込んできた。うーん、どーしよー、とりあえず自宅試聴が可能か問い合わせたところ、快く送っていただいた。いただいてみた。みてしまった。

dCS Elgar Case 届いたのはPAなどの運搬に使用するような無骨なトランク。そーかー、Elgarも業務用だったのかぁ。
 早速音を聴いてみたい気持ちをグッと堪えて、通電して夜まで待った。天板触ったら冷え冷えとしてたからねー。暖めないと。


 夜、さて聴いてみよう。比較するのは、Mark Levinson No390SLのDAC部である。トランスポート部は、DELL ノートPC + RME Fireface 400、再生ソフトはFrieve Audioを使用する。チェック曲は、いつもの「綾戸智絵 / LIVE!」と「LaShell Griffin / Free」。
 「綾戸/LIVE!」冒頭の客席の喧騒は、音が細かくなり、奥行きがよりはっきり分かるようになったか。ピアノの音が柔らかい。おーっ!dCSの音がする。繊細で柔らかく、その場に音をそっと置くようなやさしい鳴り方である。思わずニヤッとしてしまった。これぞ芸術品だ。我が家でdCSの音が鳴っているのだ。
 が、しかし、である。諸手を挙げてバンザイかというと、そうでもないだろう。綾戸の引くピアノの力強さが薄れてしまっている。パワフルな綾戸の声もなんだか優しくなって、2~3歩ほど奥に引っ込んでしまった。
 LaShellはどうだろう、と次のチェック曲を聴き始めてすぐだ。バイオリンの弦の響きがなんとも美しいではないか。これが本当のバイオリンなのかー、と思ってしまった。今までリアルなバイオリンの音と思ってシステムをチューニングしてきた音は、実は偽物だったのかナと思ってしまう。考えてみると、今まで追求していた音は、バイオリンの演奏のPAの音だったのかもしれないなぁ。ヘタなPAの音を聴いて、我が家のオーディオをヘタなPA並みのシステムにしてしまっていたのかもしれない。うーむ、どーなんだぁー。いずれにしてもこのElgarの弦の音は素晴らしい。
 No390SLがまったく劣っているわけではないだろう。ジャズをメインで聴く人や管楽器が好きな人には、No390SLはElgarにはない十分な魅力を持っていると思われる。音の張り、力強さ、元気のよさ、押し出し、鳴りっぷりは、No390SLの方が上だ。私は弦が好きなので、Elgarの音の方がタイプのようなんだけどね。

dCS Elgar plus 我が家のラックにしっかりと収まってしまったdCS Elgar plus。まるでElgarのために空けておいたスペースのようにシックリとくる。気がする。"気がする"ことが大事なのだ。

 私がElgarを求めた理由は、まだ他にもある。それはまた後日。



 えーっと、金策は、っと。



スポンサーサイト

コメント

 おおっ。小休止されていたと思ったら、いきなり大物いきましたね!落ち着いたら、じっくり聴かせて下さいませ~

いつも楽しみに読ませていただいております。
エルガーおめでとうございます。
ところで何をかいてもNGワードです。(泣)

あれ、通りました。(^^;
弦の音は良いですね。あまりヴァイオリンの曲は持っていなかったのですが、エルガーが来て以来そればっかり買っております。
エルガーと相棒にあれをなにすれば、更にやばいことに。。。

messaさん、こんばんは。
 以前から欲しいと思っていたものをとうとう手に入れてしまいました。まだクロックをつないでいませんので、つながりましたらおいでくださいませ。

jillartさん、お久しぶりです。
 jillartさんの取り組みには遠く及びませんが、はるか後方を着いていこうと思います。
 ここのブログはエッチなスパムコメントの書き込みのNGワードを設定していますが、何が引っかかったんでしょうね?(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/281-e13341a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。