個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

microSDをSSDとして音楽データの記録媒体に使ってみる

 私のケータイには2GBのmicroSDが刺さっている。普段ケータイをあまり活用しない私にとっては、とってもとっても無用の長物となっている。
 だったらちょっと遊んでみよう。2GBもあったらWAV形式の音楽データが、CDアルバム4枚分くらい収納できそうだ。microSDをPCトランスポートとして使っているノートPCに差し替え、とりあえずCD3枚分の曲をHDDからコピーする。「LaShell Griffin / Free」と「綾戸智絵 / LIVE!」(2枚組)である。

 さて比較試聴だ。最初にPC内蔵HDD、次にSSDであるmicroSDの順で聴く。ネットワークHDDも比較しようと思ったのだが、無線LANを使用している我が家のPCトランスポートは、普段そのワイヤレスネットワークのデバイスの電源を切った状態で使っている。ネットワークにつなぐと色んなプロセスが立ち上がって、ノイズが混入してしまうのだ。ということでネットワークHDDは断念しておこう。
 再生ソフトは、Frieve Audioを使う。普段はLilithを使っているのだが、クセが少なく贅肉のない音を出すFrieve Audioの方が試聴には適するだろう。

 まず「LaShell Griffin / Free」7曲目「Rise」。HDDで聴いたあとSSDに。冒頭のウィンドチャイムとハイハットの音に響きがない。ピアノも芯の硬い音がする。ボーカルは小顔になり、声のニジミが少ない。なぁるほど、PCトランスポートの音の特徴をより濃くする方向らしい。PC上のデータ読み出しの方式の違いで、なんで音が違うのか。技術的な解釈を私に求めないで欲しい。いや、誰にも求めないほうがいいかもしれない。
 難しいことは考えずに、次いこー。「綾戸智絵 / LIVE!」1曲目「Only You」の食器の音のチェックである。SSDを聴いて、久しぶりにちょっぴり感動した。観客席の喧騒から余計な響きが消えると、ひとつひとつの食器の音や拍手、笑い声にフォーカスがピタッと合うのである。つまり、どこに人がいて、どこに食器があるのか、よーくわかるのである。私の目の前に、あたかもそこにあるかのようにフロアが広がっているのである。久しぶりにこの言葉を使ってみよう。
すっばらすぃ~!

 価格.comを見たら、なんと16GBのUSBフラッシュメモリが2千円台、32GBは5千円台で売っているようだ。16GBならCDアルバム30枚は入るなぁ。30枚なら私が常時ヘビーローテーションしているCDがちょうど収まるサイズである。買おうかなぁ。でも安すぎるのも怖いしなぁ。って、悩むほどの金額かい。
 オーディオ価格にマヒしたと思われた私の経済観念が、意外に健全すぎるほど健全で、安心した。三つ子の貧乏魂は百までらしい。


microSDmicroSD
 こんなにチッチャイのに2GBである。ついこの前(と言っても二昔前)まで、メインフレームに300MBのDASDが精一杯だったことを考えると、技術の進歩は驚異的である。
 私の写真の接写のダメダメさも驚異的だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/279-5711c076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。