個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバムリスト

 PCオーディオをメインにしてから、不便に感じることがある。それは、PCの楽曲ファイルの管理によいツールがないことと、アルバムのジャケット写真が目に触れるところにないことである。
 PCオーディオにしてからも、オーディオで毎晩聴く楽曲は、基本的にはアルバム単位である。CDで聴いていたときは、CDラックの最上段をヘビーローテーションの棚としていて、その棚の20~30枚ほどのCDの右端の1枚を取り出して聴いては、同じ棚の左端に戻していた。まさにCDそのものをローテーションさせていたのである。PCオーディオとしてからも、楽曲のWAVファイルの管理は、これと同じ操作性を維持したいのだ。
 それから私は、CDアルバムの判別を行うのに、アーティスト/アルバムタイトルの情報の他に、どうやらジャケット写真も判別のキー情報として記憶しているようなのである。つまり、アーティスト/アルバムタイトルの文字だけでは、アルバムを取り違えたり、収録曲が思い出せなかったり、はたまた所有しているCDと同じものを購入しようとしたりするのである。
 そんなことは、iTunesが解決してくれる、と人は言うかもしてない。iTunesにマルチプラグインを入れて、foobar2000経由で楽曲データを読み出すことにより、サウンドドライバをFF400のものに変更することが可能らしい。でもね、私はiTunesをあんまり信用していないのだ。私も以前、mp3の音楽をよく聴いていた頃は、iTunesを愛用していた。アートワーク表示の機能が追加されたとき、これこそ私が望んでいたものだとおおいに感動して、せっせせっせとジャケット写真を取り込んだ。しかし、使っていたPCが壊れて、新しいPCと交換したときに、そのアートワークの移行にみごと失敗してしまったのだ。苦労して登録したアートワークがどこかに消えてしまって、とっ・・・ても悲しい思いをしたのだ。それ以来、iTunesは信用していないのだ。iTunesは多機能すぎて、ちと重いところもなんだか警戒してしまうのだ。

 どこかに軽くてフリーで、ジャケット写真付きでファイル管理のできるツールはないものだろーか。ひょっとして写真管理ツールあたりが使えないだろーか。とか思ってVectorをあさってみた。でも、ないねぇー、適当なのが。
Album List やっぱこの手でいくしかないか、とExcelでアルバムリストを作成することにした。Excelのシートに、"new!"、"heavy rotation"、"stock(ジャンル)"と名前をつけて、各シートの上のセルからジャケット写真とテキストを並べていく。ローテーションは、シート最上部のアルバムを行ごと切り取って、一番下のアルバムの行の下に挿入する。アルバムリスト作成のポイントは、ジャケット写真を右クリック>"図の書式設定">"プロパティ">"セルに合わせて移動やサイズ変更をする"をチェックすることである。セルと文字の色を好みに変えれば、なんだかそれらしい見た目になったかも。
 そうそう、ハードディスク内の楽曲ファイルは、アーティスト>アルバム>楽曲ファイルの形式でフォルダーに収めている。アルバムリストとプレイヤーソフトのプレイリストが連動すれば便利なんだが、多くは望むまい。あ、プレイリストを吐き出すExcelのマクロを作ればいいのかな。そのうちチャレンジしてみようか。

 どなたか、私の楽曲ファイル管理のニーズを満たすツールをご存知であれば、是非ともお教え願いたいのだ。のだのだ。(故赤塚不二夫先生のご冥福をお祈り致します。)



スポンサーサイト

コメント

foobarに画像表示するコンポーネントいれればいいのではないでしょうか。
ジャケット画像に特化したものでも、自分でいろい設定するものでも。

 おおっ!コメントありがとうございます。
 foobarにはそんなアドイン(?)があるんですね。今度調べてみます。感謝!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/268-d7843641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。