個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源ケーブルのローテーション

 最近、音楽に感動が少ない。CDを聴いて鮮烈な音に感動しても、音楽に浸ることができない。ふと気がついた。そろそろ、電源ケーブルのローテーションをするタイミングかもしれない。
 我が家のオーディオ固有の事情、いや私個人の好みの問題である。人様の参考にはあまりならないであろう。使用している電源ケーブルを、
  CDP   :Stealth Dream for Digital Gear
  PreAMP :Current Cable Peacemaker
  PW AMP:NBS Omega 0
から、CDPとPW AMPの電源ケービルを換えて、オールCurrent Cableにするのである。
  CDP   :Current Cable Peacemaker
  PreAMP :Current Cable Peacemaker
  PW AMP:Current Cable Conqueror
だ。

 音の変化の方向は、よく分かっているつもりであるが、念のためチェックしてみよう。音色や、響きの厚みには、あまり変化はないハズである。高域のヌケが少なくなり、その代わり中域が厚くなり、フォーカスが少しボヤける。低域も少しボリュームを増すだろう。
 チェックCDには、「綾戸智絵 / LIVE!」がよいだろう。1曲目「Only You」の冒頭の観客席の喧騒で、レンジの幅が分かるだろう。ピアノが響く高さでもレンジを判断できる。それから、「LaShell Griffin / Free」11曲目「Better Days」で、バックボーカルの熱気の違いも聴いてみよう。ついでに、「Misia / Love & Ballads」1曲目「Everything」で、Misiaがどこで唄っているかもチェックしてみよう。

 「綾戸智絵 / LIVE!」を聴いてから、オールCurrent Cableに換える。1曲目「Only You」、観客の2階席が消えた。高い位置にあった拍手がなくなった。解像度はそれほど失われてはいない気がする。ピアノの響きは、天井の梁の高さにあったものが、目の高さに変わる。予想通りである。綾戸の声には血が通った。少し老けたと言えるかもしれない。円熟さを増した。
 「LaShell Griffin / Free」11曲目「Better Days」では、バックボーカルが熱くなり、スピーカーの位置から一歩前方に踏み出した。センターのLaShellより、まるでバックボーカルの方がメインの曲のように聴こえる。「Misia / Love & Ballads」、「Everything」では、Misiaの存在感が増す。すぐ目の前で唄っているようだ。
 そうだ、Classicではどうだろう。「ヴィヴァルディ / 調和の霊感」を聴いてみた。ヴァイオリンの音。まろやかな音になった。私の好みのヴァイオリンではない。このCDのヴァイオリンは、空間を切り裂くような鋭い鮮烈な音に感動を覚えたのだが、美音系の角のない丸い音になってしまった。うーん、これはちょっとよくないなー。

 他のCDも聴いてみる。オールCurrent Cableの方が、ボーカルは肉声に近いように思える。音楽に熱さを感じる。ノリがよくなったと言ってもいいかもしれない。ボーカルものは、やっぱりこっちの方がいいなぁ。って、私の持っているCDは、ほとんどがボーカルものだし。
 そうそう、プリアンプCadenzaの入力ゲインを少し上げると、多少高域のヌケは改善されるハズである。と思い出して、メモリ2つほど上げてみる。
 えーと、ヌケが改善されるというよりも、伸びはないが高域の響きが豊かになったという感じか。でも、悪くない。またしばらくは、この電源ケーブルの組み合わせで聴こう。

 目新しい情報はないが、とりあえずこれでブログを更新しとこっと。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/245-fdb9ce8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。