個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルームアコースティック ~大切なのは『やり尽くした感』

 ちょっと前に吸音フェルトKRIPTON Mystic Whiteの効果を試してみた。以前の拡散板QRD Skylineとは違う効果であり、我が家にとっては望ましい方向性だと感じた。音を拡散させて多くの反響を作り出すより、吸収してスッキリさせるほうが、この狭い部屋には合うのだ。
 これ以外の吸音効果のあるアクセサリーは、デザイン的に合わなかったり、場所を取りすぎたり、価格が高すぎたりで、使用する気にさせるものは見当たらない。だとすれば、このミスティックホワイトの全面採用が、私を幸せに導くだろう、そう考えた。
 えーと、プラズマTVの表面には2組4枚、TVの上の壁には1組2枚、それと精神的な安らぎを得るために左右の壁、スピーカーの一時反射の位置に1枚ずつでどーだっ!ってことで、もう3組6枚をdearaudioに追加発注した。

 フェルトの布が、全部で8枚。目立たぬように、すべてカーテンの裏に仕込むことにしよう。

吸音カーテンとMystic White まずは、プラズマTVの表面。TVを覆う吸音カーテンの裏に4枚を縫い付けた。久しぶりのお裁縫であった。安全ピンで、と思ったのだが、TVの表面が傷つくのを危惧したので、糸で縫いつけたのである。
 左右の壁は、カーテンの裏に安全ピンで固定。TVの上の壁は、ミスティックホワイトを収めたビニール袋の口を綴じていたボール紙を外し、その紙に直に縫い付けて、カーテンレールからカーテンの裏にぶら下げた。


 音を聴いてみた。音が部屋の壁の奥のほうまで広がる気がする。今回は”気がする”で十分である。
 八方手を尽くして、自分ができる限りのことをやった。これ以上もこれ以下もない、自分の力が及ぶ範囲、もしくは自分が許容できる施策の中で、最良の状態にまで持っていけた。つまり、『やり尽くした感』を得ることができたことが大切なのだ。私にとってはこれで幸せなのだ。
 ん?『逃げ』とか『あきらめ』じゃないぞ・・・たぶん。


裁縫箱 小学校の家庭科の授業で購入したお裁縫セットが、おっさんになった今でも活躍する。この物持ちのよさって・・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/243-64fcbb38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。