個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作電源ケーブル試聴の続き

 前回のインプレを見た自作ケーブルの製作者から、メールをいただいた。プリ、パワーでも聴いてみて欲しいと、映像系にも試して欲しいと、それから部屋の吸音材を取り去って聴いてみて欲しいと。

 私の少ない経験では、ケーブルはどこに使っても同じような傾向を示す。一番音の違いが出そうなCDPで試してみれば、十分だろうと考えていた。でもまあ、パワーアンプdarTZeel NHB-108 model oneの電源ケーブルNBS Omega 0と比較するのも面白いかもしれない。ここでの比較は、ほんの少しのアラも暴き出してしまうだろう。ひょっとしたらNordost Valhallaのように、組み合わせによって、激変することもあるかもしれない。もっともValhallaは悪い方への激変だったけど。
 プリアンプはやめておこう。現行は電源ケーブルCurrent Cable Peacemakerで前回と同じ比較になるし、このViola Cadenzaは電源装置が別筐体となっているので、電源ケーブルの違いはあまり大きくは出ない。
 それに映像系も無意味だ。私は他の電源ケーブルは映像系はあまり試していないし、何度か試したときも正直あまり違いがわからなかった。前にも書いたが、プラズマTVのドット欠けに、半年も気がつかなかったくらいだ。
 それから、部屋の吸音材を取り去って聴くというのは、よくわからない話しである。私は、私が音楽を気持ちよく聴けるよう全体をセッティングしているのであって、1本の電源ケーブルのよい特徴を引き出すために、わざわざセッティングを変えるなんてことは考えられない。本末転倒が過ぎるだろう。

 ということで、パワーアンプで聴いてみる。最初に現行電源ケーブルのOmega 0で。パワーアンプならチェックCDはこれだろう、「綾戸智絵 / LIVE!」1曲目「Only You」である。まず、現行でじっくり繰り返し、食器の音や観客の拍手、笑い声、それにピアノと綾戸の唄を聴いてから、自作ケーブルに換える。

 え”っ!音場が上下に押しつぶされてしまって、目の高さあたり、横に細長いスキマに押し込められてしまった。こんなのは今まで聴いたことがない。
 今まで経験があるのは、高域のヌケが悪くなって、高い位置に定位する音が低い位置から聴こえるか、逆に低域が下に伸びずに、音が上方向に移動して足元の音がなくなるかのどちらかだ。こりゃ両方が一度に現れた感じだ。高域も低域も、両方出ていないということだろうか。
 現行Omega 0でじっくり聴いた細かい音が、横に細長いダンゴになってしまって、判別ができなくなってしまった。こりゃ評価以前だ。しかしである、ピアノの音だけは、やけに響きが豊かになっている。今までは天井の梁のあたりから響いていたピアノが、目の高さになってしまったにもかかわらずだ。もしかしたら中域に余計な響きが乗っているんじゃないだろうか。そう思って、前回聴いた「LaShell Griffin / Free」7曲目「Rise」を聴いてみた。

 そーかー。前回はウィンドチャイムとハイハットに集中していたために気がつかなかったが、ピアノがやけに響きを豊かにしている。前回、空気が密度感を増して、中域中高域をクッキリ描き出していると感じたのは、音場が上下に押しつぶされて、かつ中域に今までなかった響きが現れたせいなのかもしれない。いや、響きが多く感じるのは、もしかしたら上下に広がっていた音が、狭い範囲に押し込められて、密度を増したせいかも。
 もとのOmega 0に戻して、もう一度聴いた。音場は足元から、天井まで広がった。音の重なりがなくなり、上下と前後にきれいに分離して、ひとつひとつが美しく調和する。ピアノの響きも自己主張しすぎず、鍵盤のひとつひとつの音が浮き上がる。

 えーと、悲観することはないのかもしれない。NBS Omega 0にしても、darTZeel NHB-108 model oneにしても、最高級のケーブル、アクセサリーのクセを、見事に暴き出してしまうのだ。Stealth Indraでさえ、中域のわずかなニゴリを感じさせてしまったほどだ。
 今回の試聴で、このように感じたのはチェックCD「綾戸智絵 / LIVE!」によるところも大きいだろう。1曲目が始まる直前の観客席の喧騒には、低域から高域までの多くの音の成分が含まれているようだ。実際、「LaShell Griffin / Free」では、上下に狭い音場は、それほど顕著には感じられなかった。
 前回の試聴は、Epiphany Xに酷似した外見に、やや先入観を持ってしまったのかもしれないな。dearaudioの店長が言った言葉を思い出した。『よいケーブルは、全帯域をストレスなく出すことが最低条件である。その上で、どこに特徴を出しているかが、好みによる選択肢になるのだ。』 そーだなー、その意味では、この自作ケーブルはよいケーブルとは言えないかもしれない。
 あくまで我が家のオーディオ環境で、オーディオ初級者の私が試聴した感想である。あまりアテになるハズはないだろう。

 人様が作った自作ケーブルのインプレは、書くのが難しいなぁ。

スポンサーサイト

コメント

試聴有り難うございます。
このような結果になるとは思っても見ませんでした。
本当に申し訳ありませんでした。
謹んでお詫び申し上げます。
今回は本当にショックでした。
これほどまでに違う結果が出るとは正直思ってもいませんでした。
実は、このケーブルでは無いのですが、類似ケーブルで以前にもMark LevinsonのCDPを使用されている方に試して貰った所で悪い結果が出ました。
その時よりも数段性能を高めているので、もう一度挑戦の意味もあって試して頂きました。しかし、前より悪い結果になるとは、本当にご迷惑をおかけ致しました。
私の所では、全く逆の結果が出るのです。
ドリームの方が上にも下にも音が押しつぶされた様になり、
音が団子になります。低域の解像度は特にです。
私の友人の所でもドリームはレンジが狭くなって響きが入ると言っていました。また、ブラックラベルやモニター0に関しても、レンジが狭く、音は団子スピードは遥かに遅いと言う結果です。MITに関しては、意図的に遅い方にスピードを揃えていてレンジも狭い。と言う結果でした。
今度は実際にMark LevinsonとdarTZeelで一度試してみます。
ひとつ気になったのはValhallaで音が悪い方へ激変したと言うので少し納得を致しました。私の所では、インドラに続いてValhallaで良い結果を出します。(当然響きは乗ってますが)前出のケーブル達はそれよりも明らかに悪い結果となります。
いづれにせよ、へい様の所では最悪の結果になった事は間違いの無い事です。今回の事は非常に勉強になりました。そして本当に申し訳ありませんでした。m(__)m

Tさん、こんばんは。
 今回は残念な結果になりました。しかし、Tさんが詫びを言う筋合いのものではありません。あくまで我が家のオーディオ環境で、私の感性で、そう聴こえたに過ぎません。Tさんのお宅で最高の音がするのであれば、それでよいと思います。
 実際に、私の知っているオーディオ好きの方で、我が家で最高の音のケーブルをダメと判断されたり、逆に我が家では聞くに堪えないクセが、なくてはならない音だとおっしゃったりするケースがあります。
 最近、私が他人のインプレをあまり重要に考えなくなっているのは、そのせいです。もちろん、私の感性が、普通の方と違っている可能性も十分あると思います。あ、私が好んで聴く音楽のジャンルが、一般的なオーディオファンの方の好みと違っていること自体、私の感性が変わっていることの表れですね。
 ということで、あまり気に留めなくてもよいかもしれません。
 今回は、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/242-f25ab554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。