個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利き耳

 自転車で郊外を走った。今年もやっと春らしくなってきた。市街の喧騒を離れ、暖かい日差しの中を走っていたら、今年も見つけたのだ。春先一番に地面に近いところ、あたり一面に咲く青と白の混じった小さな花。ふへぇ~~~。その可憐な姿に、一気に癒された気がした。何という名の花なんだろーなぁ。しまった、写真を撮ってくるんだった。

 まぶしく照らす太陽と、柔らかく澄んだ空気と、心に染み込む静寂・・・ではないんだなぁ、これが。自転車で走っていると、絶え間ない風切り音がかなりウルサイのだ。
 その風切り音を聞いていて気がついたのだ。これは、耳殻が風に当たって音をたてているのだが、右と左ではちょっと違って聞こえるのだ。
 左は中域の音がよく聞こえる。それと比較すると右は、ちょっと低域の音がメインで高域の音が混じる。中域は弱いのだ。極端に言えば、左はカマボコ型で、右はドンシャリか。風向きのせいかと思い、頭を左右に動かしてみたのだが、この傾向はあまり変わらない。

 考えられる理由は二つ。ひとつは耳殻の形状の違いだ。左耳は中域の風切り音を、右耳は低域と高域の音を発しているのだろう。
 もうひとつは、感覚器官としての耳の特性の違いだ。左耳は中域に敏感で、右耳は低域高域に敏感なのかも。そういえば、音楽のメロディは左右どちらかの耳で、リズムは反対側の耳が得意、なんて話を昔聞いた気がするが、あれは右脳左脳の話だったかな?
 我が家のオーディオの音は、右の音はちょっと中域があいまいで、音の広がりが不明瞭だと感じている。右の壁と右スピーカーの後ろのAVラックのせいだと思っていたが、ひょっとしたらこの耳の特性のせいかもしれないなぁ。なんてちょっと納得してしまった。
 右利き、左利きがあるように、目にも利き目があるように、耳にも『利き耳』があってもおかしくはないと思うのだが、いかがか。



追記
 冒頭の花の名を調べてみたら、どうやらオオイヌノフグリというヨーロッパ原産の帰化植物のようだ。なんだかちょっとガッカリな名前と出自だ。知らないほうがよかったかなぁ。
 リンク先の写真は、とてもキレイなのだ。勝手リンクだが、ご勘弁。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/236-f832e84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。