個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDレコメンド:Colbie Caillat / Coco

 年末のTV番組「ベストヒットUSA 2007」で紹介されていた。Radio & Recordsのトップ10に入っていて、Adult Contemporaryチャートでは、1位であった。この曲は、長い間レーベル未契約人気ランクの1位だったらしい。アルバムはUniversalからの発売だ。
 ジャンルはPopsだね。混じり気のない、素朴なPopsだ。


Colbie Caillat - Coco アルバム「Colbie Caillat / Coco」である。チャートインしているのは、4曲目「Bubbly」だ。
 アルバム全般に渡って、アコースティックギターがとてもリアルな音を聴かせてくれる。ボーカルも大変よい録音である。聴きはじめて、すぐ「Lisa McClendon」を思い浮かべた。シンプルな曲調で飾り気のなさには、何か通じるものを感じた。

 聴いていて、心があらわれる、と言ったら言い過ぎだが、アクのなさ、ケレンミのなさには、なんだかホッとさせられる。Jazzだとか、Soulだとか、Hip Hopとか、Rockとか、Popsとか、ジャンルなんてどーでもいーじゃん (not 小島よしお風)。そんな気になった。
 まだ子供の頃、カーペンターズや、ベンチャーズや、ミッシェル・ポルナレフ、ダニエル・ビダル、ビートルズ、モンキーズ、PPM、CSN&Y、S&G、ポールモーリア・グランド・オーケストラ、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、青い三角定規、杉田二郎、フォーク・クルセダーズ、音楽の分類なんて知らずに、音楽を聴いて素直に感動してた頃、そんな頃を思い出した。そう言えば、この「Colbie Caillat / Coco」を聴いた感じは、70年代に活躍したフォーク・ロック・グループ、アメリカの「Horse With No Name (名前のない馬)」を聴いたそのときに近い感動なのかも。

 いい買い物をした。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/227-7162df4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。