個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QRD Skyline

 やっぱ買ってるし、オレ。
 いいのだ。Skylineは、ずっと試したいと思っていたし、前回の「吸音カーテンを外す」で購入のフンギリがついたのだし、それにそんなに高価ではないし。と、また自分にイイワケ。しかもダールジール購入直後で、金銭感覚イッちゃってるし。

 買ってしまったものはしょーがない。試してみるのだ。
 まずは、当初の目論見に沿って、正面の壁だ。2枚を横に並べようかと思っていたが、このSkyline、意外に大きいので縦に並べて、1枚はプラズマTVの画面に立てかけてみる。壁の1枚は、dearaudioの「Review」に倣って"つっぱり棒"で支える。

QRD Skyline - center おぉーっ!見た目はなんだかオーディオルームっぽい。なかなかいーんではないだろーか。見た目のよさは、聴き心地に大いによい影響を及ぼすであろう!

 音出し。正面の音がデカイ。なんだか、センターだけボリュームを上げたようだ。へー、拡散板ってこんな変化なんだ。想像してた音と、かなり違ったのだ。ボーカルの声量が明らかに上がった。
 どう評価したらいいんだろーなー、と思いながら聴いていたら、バックボーカルが入ってきた。ぶっ!つながってない・・・。メインボーカルと、左右のバックボーカルが、同一のステージにいないのである。
 左右のバックボーカルは、私のすぐ脇にいて、生の声を聴かせてくれている。それに対してセンターのメインボーカルは、遠く離れた場所にいて、PAを大音量にしてガナッている。メインボーカルとバックボーカルは、別の歌を唄っている。そんな風に感じてしまった。

 「拡散板」、その文字から受ける印象は、音が空気に溶け込むように、キレイに消えてゆく様を想像してしまう。しかし、今聴いた印象はまるで違っている。音を捕獲して、こちらに投げ返すような感じだ。「捕音板」、もしくは「拡音板」とでも言った方がいいんじゃないだろーか。

 まいったなー、当てが外れた。正面の壁には、再び吸音カーテンを吊ったほうがよさそうだ。
 で、Skylineの使い道は、っと。とりあえずリアを試してみよう。

QRD Skyline - rear ありゃー、無残な画だ。取り付けられるスペースがなかったのだ。ま、実験ってことで。

 音出し。おー、出だしのピアノは、後ろから反響音が聴こえるぞ。すごいなコレ。
 でも、やっぱりこれもNGなのだ。すぐ後ろから響きが聴こえるので、後ろの壁の存在を意識してしまうのだ。なにやら後頭部に圧迫感があるのだ。

 このSkylineは、我が家においては、マルチチャンネルのスピーカーのような効果があると思った。我が家のAV環境は4chスピーカーなのであるが、サラウンドの左右2つのスピーカーの音量をやや大きめにしてマルチチャンネルのソースを再生したときのような感じなのだ。ホールエコーがちょっと大きめで、ワザトラシク聴こえてくる感じなのだ。
 Skylineを正面に設置した場合は、センタースピーカーを置いて、そこの音量だけをやや大きくした感じ、Skylineをリアに設置した場合は、サラウンドバックスピーカーを置いて、そこの音量だけをやや大きくした感じだ。

 この狭い部屋には、この拡散板は効きすぎるんじゃないだろーか。私は気がつき始めていた。もっと大きな部屋であれば、好ましい結果になるような気がするのだ。
 最後に、もっともオーソドックスな位置を試そう。リスニングポイントとスピーカーを結んだ線の中点の上の天井である。

QRD Skyline - ceiling 見た目では、それほど圧迫感を感じない。あってもジャマにならない。

 音出し。ほー、響きに包み込まれるようだ。音が上から降ってくるようにも感じる。正面やリアに設置したときのようなバランスの悪い違和感は感じない。よく言われるような、天井が高くなったような感じとはちょっと違うよーな。これも部屋が狭すぎるせいか。
 さて、どーしたもんだろー。一度外して、音を確認。あー、なるほどね。今までの私の音作りの方向性と違ってる。

 私は今まで、リアルな音像、生々しい音を目指して、チューニングしてきた。私の目の前で演奏し、唄って欲しいのである。ところが、Skylineを設置すると、その空間が作為的に、作られたもののように感じてしまうのである。どこか不自然なのである。
 正面の壁についていうと、私は今まで、素の壁、吸音カーテン(川島織物セルコン コーズ)、拡散板(Skyline)の3種を試してきたことになる。音の響きの多さを言うと、
  拡散板 > 壁 > 吸音カーテン
である。これはアタリマエか。ところが自然な音の実体感ではこの逆、
  吸音カーテン > 壁 > 拡散板
ということになってしまう。残念ながら私は、吸音カーテンを選択することにする。

 とりあえず、ここまでの結論を述べておこう。我が家のような狭い空間には、効果の高い拡散板は、オーバースペックとなってしまうようだ。この空間には、どちらかというとデッドな方向でのルームチューニングが好ましい印象となるだろー。ただし、私の好みでは、だけど。
 今回の試みでは、音場の広がりと音の実体感は、どうやらトレードオフの関係のようだ。

 Skyline、せっかく買ったのに不要になってしまったのだ。でも、これで長い間の迷いがひとつ消えたのだ。金額以上の価値があったのだ・・・。たぶん。そーしとく。・・・クヂけない。

スポンサーサイト

コメント

スカイライン

こんにちわ。以前にも一度投稿させて頂いたTATSUYA です。スカイラインの実験面白く読ませていただきました。スカイライン不要になってしまわれたのですね。残念でした。もし、お安く譲って頂けるのでしたら、購入させて頂きます。メールの方にお返事頂けますか?どうぞよろしくお願いいたします。

吸音なら「浮き雲」なんかはどうでしょう?
我が家では良い感じですよ。安いし。
http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-date-20051204.html

TATSUYAさん、こんばんは。
 メールいたしました。
 ご検討よろしくお願いいたします。

かにぬーさん。
 吸音浮雲、面白そうですね。さすがオカルトグッズには詳しいですね(笑。そのうち是非試してみたいと思います。

うう、読むのが遅かった、Skyline…

おや、fairbrookさん、買われたんですか?
ドンマイ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/224-4673c71b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。