個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアーがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ! ~Ayre MX-R 自宅試聴

 そりゃビートルズだろっ!と、また同じツッコミをしてみるが、今度はちと語呂がよくないし、それにテンションはどん底である。

 先日のdarTZeel NHB-108 model one 自宅試聴に引き続いて、dearaudioの店長が手配してくださったのだ。これで、以前のViola SymphonyとGoldmund TELOS 400の試聴とを合わせて、私が気になっている、この辺りの価格帯のパワーアンプは、一通り試聴させていただくことになる。

 それほど大きくない筐体の割りに、大きなダンボールに収まってきた。MX-Rは、確か昨年のインターナショナルオーディオショウで聴いたのだが、その時はまさか自宅試聴することになるとは思わなかったなぁ。
Ayre MX-R こうしてみるとやっぱり小ぶりなMX-R。感動したのは、スピーカーケーブルの接続端子。+-2つのYラグを、ひとつのネジで締めこむ構造で、ムンドとは雲泥の差の使い勝手のよさ。電源ONも、正面真ん中で薄緑に光るパイロットランプそのものを押すという、極めて洗練された操作性!いいなぁ、これ。

 さて試聴と思ったのだが、ここで、いきなりとんでもないアクシデントに見舞われてしまった。我が家の回転系が一気に逝ってしまったのだ。この現象については、また改めて別の記事で書こう。とりあえず、ダマシダマシ音を出して、かろうじて聴けたのが「LaShell Griffin / Free」の2~3曲と「綾戸智絵 / Live」の出だしのみであった。

 とてもとても、フェアに比較できる状況ではない。それでも、せっかくいただいた貴重な機会なのだ。一応気になるポイントは、チェックしておきたいのだ。
 まず、定位。これはすばらしい。さすがモノパワーである。定位がいいと、音離れもよく聴こえるのだ。しかし、低域の音離れは、期待していたものとは違った。低域はかなり締まって、タイトなのであった。ダンピングは効いているのだが、量感は少なめ。これじゃ、駆動力があるとは感じられないのだ。
 音場はというと、V-1xのような、高域が霞のように広がるだだっぴろい音場ではない。しかし、やはり高域の表現は秀逸なのかな。解像度と立体感はいいゾ。
 darTZeelで感じた透明感は、どうか。残念ながら、darTZeelには及ばないようだ。ムンドMM28MEには勝っているようなのだが。darTZeelで聴いた「綾戸智絵 / Only You」の突き抜けるようなヌケのよいピアノの響きは、そこまでは感じられなかった。darTZeelで聴くピアノは天井まで響きが立ち上ったが、このMX-Rでは梁の下あたりまでか。
 でも、MX-Rに同情するのは、ちょびっとしか音を出せず、暖機運転の時間が取れなかったということだ。もっと長時間聴けたら、もっともっと素晴らしい音が聴けたかもしれない。大変残念なこととなってしまったが、こればかりは、縁がなかったと思うよりあるまい。

 とりあえず、店長、それとアクシス様、ありがとうございました。

Ayre MX-R on 電源ONすると、中央のパイロットランプは、美しいブルーに変る。センスはバツグンだなぁ。darTZeelと比べると、いや、darTZeelと比べるのは間違っているか。あちらはセンスのベクトルが違うのだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/203-afff2378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。