FC2ブログ
 

 

個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオマニアとカラオケ

 オーディオマニアな方々で、カラオケが好きな人は、いったいどれくらいいるのだろうか。残念ながら、私の身近では聞いたことがない。
 私自身のことを言うと、オーディオを始める前、つい4年ほど前までは、私は自他共に認めるカラオケ好きであった。20代後半あたりから音楽を聴くことにはあまり興味がなくなり、もっぱらカラオケで唄うことが数少ない息抜きの手段となっていた。

 思い出せば、'80年代後半の金曜の夜。仕事を終えて、まっすぐスゴスゴと家に帰った日。部屋で漫然と過ごし、夜も12時近くになると、「こんなんでオレの人生はいいんだっけ?」と突如アセリに似た思いに駆られる。居ても立ってもいられなくなり、六本木のカラオケバー、今はなきトルバドールへと、ひとり都心にUターンするのであった。
 あの店、トルバドールは不思議な店であったなぁ。私のようなひとり遊びの常連と、あのあたりの飲み屋やクラブの若い従業員連中の集まる店であった。六本木交差点から溜池方面に坂を下りきったとこらへんの薄汚れたビルの中ほどの階にあった。

 私が駆けつける夜中の1時くらいは、まだまだ店はガラスキである。目立たないビルの狭いエレベーターに乗り、降りた階の黒いドアを開け、店に入る。見回すと、カウンターの端に、うつむいた男がひとり。いつもの常連だ。確か、不動産屋のサラリーマン。80年代後半は、バブルの真っ盛り。不動産屋といえば、あぶく銭をたらふく手にしていたはず。なんで、こんな場末のカラオケバーにいるのか、不思議ではあった。
 そこで私は、カラオケの練習に励む。店長やバイトくんに、最近入った曲を聞く。気になる曲を見つけては、ひたすら唄う。そのうち常連たちがぼちぼちと集まりだす。ひとりの常連の女は、中目で粥屋をやっている彼氏と、最近うまくいっていないらしい。ひとしきりグチを聞く。
 夜中の2時3時あたりになると、六本木や銀座の黒服やホステスたちが流れてくる。そこから朝まで、バカ騒ぎが始まるのである。黒服、ホステスたちはテーブル席、常連たちはカウンター。30人も入れば満席の狭い店である。顔見知りも初対面も、夜働いているヤツも昼働くヤツも、年上も年下も、男も女も、店員も客も関係なく、ひたすら騒いだ。ひたすら唄った。
 突然黒服のひとりが立ち上がり、ハイヒールにウィスキーを注ぎ一気に飲む。場は一斉に盛り上がって、ハイヒールの回し飲みが始まる。ハイヒールの持ち主の若いホステスは酩酊状態だ。あのホステスも災難だ。
 バブルだったなぁ。

 何の話しだっけ。そうカラオケだ。
 オーディオを始めた頃から、カラオケには興味がなくなった。それがオーディオのせいなのかは分からない。音楽の楽しみ方が変ったのかもしれない。しかし、音楽は、聴くのも唄うのも楽しいハズだ。
 少し前に、CD「Begin / BEGIN シングル大全集」を買った。アコギとボーカル、ときに三線が印象的な、なかなか好録音のCDである。その中に収録されている「島人ぬ宝」を聴いて、久しぶりに唄いたい欲求にかられた。思えば、私は島唄を好んで唄っていた。「The Boom / 島唄」「田端義夫 / 十九の春」「与論慕情」なんかだね。なぜか北国の唄も好きであった。「新沼謙治 / 津軽恋女」「細川たかし / 望郷じょんがら」とかね。演歌かよっ!
 「Begin / 島人ぬ宝」を聴いたとたんに、島唄や北国の唄を昔唄っていたときの、気持ちのよさを思い出したのである。覚えようかなぁ、この曲。でもこの一曲だけ唄うためにカラオケに行くのも、なんだかなぁ。

 カラオケ好きのオーディオマニアな方も、きっといるのだろう。楽器を演奏される方は、タマに耳にすることだし。
 あ、そうか、私の好きな音楽のジャンルが特別なのかな。ソウルも、島唄も、演歌も、根っこの部分では共通点は多いのだ。


 ったく、オーディオネタがなくなると、つまんねーこと書いちまうなぁ・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/200-1159a330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SONGS I

まず、前置きしておくと私は中村雅俊がヒットを連発していた70年代末期ー80年代初期の世代では無い。そういう訳でおそらく私の感じ方は多分他の人とは違うのかもしれない。聞いて特に思う事が、根拠の無い望郷感、ノスタルジーを激しく感じる事だ。まだ考える事さえ定ま

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。