FC2ブログ
 

 

個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2019-08

今後の改善テーマ(メモ) 07. 6. 6版

 前回の「今後の改善テーマ(メモ) 07. 1. 3版」から、半年弱が経過した。前回は、『2007年に大きなイベントはあまりなさそうな気がするなぁ』などとノンビリしたことを書いたのだが、どっこい、中くらいのイベントは山ほどあったのだ。で、一息ついた今、今後の展開を考えようとしている。
 でも、出てこないんだよなー、どこをどうしたいのかが。

 
 なんだか、今の我が家のオーディオの音が、あまりカワイく思えないのだ。
 「試聴モロモロ(Current Cable他流試合) 後編」の頃の我が家の音は、本当にカワイかった。何のCDを聴いても感動しまくっていた。それが故に、大きく方向転換する決意を固めたのは、相当思いつめてのことであった。それだけに、並々ならぬ熱意を持って、改善の方向を探ったのだ。ちと大げさかもしれないが、今の無気力さと比べたら、言い過ぎではないだろう。
 どうやら、今年前半に、あまりに駆け足で、あまりに受身なままに、いろいろな経験をしすぎたからであろう。未消化なのだ。自分の音になっていないのだ。だから、これからどうしたらいいのか、自分がどうしたいのかが出てこないのだろう。

 
 なので、ちょっと小休止。我が家の音を、見つめなおす時間が必要なのだろうと思うのだ。
 でもでも、多少は思うところはあるので、そこをひねり出して、「今後の改善テーマ(メモ) 07. 6. 6版」としてみよう。

 

No.1 中域の豊かさ
 音に対する不満は、今はとにかくこの一点なのだ。解像度を追求して、行き過ぎてしまったのだ。とにかく、ボーカルが硬く冷たい音なのだ。リアルなんだけど、まるで、石造りのホールで聴いているような気がするのだ。
 たぶん、今までの解像度を上げるためにした対策を、後戻りさせればよいのだろう。とりあえず、プリアンプの足元のインシュレーターを木製のものにでもしてみようか。東急ハンズで買った黒檀ブロックなら、手元にあることだし。
 それとも、再びオールCurrent Cableにしてしまおうか。でも、Current Cableは、バージョンアップして、フラットで素直でハイエンドな音に生まれ変わってしまったのだった。

 

No.2 スピーカーケーブル
   機器やアクセサリーに対する不満、いや不満ではないなぁ、疑念というべきか、あるとしたらそれはスピーカーケーブルKimber KS-3035だろう。ここ最近選定してきた機器・アクセサリーとは明らかに方向性が違うのだ。あ、いや、Stealth Dreamとは似た傾向か。
 しかし、Dreamは半ば確信犯的に使用しているのに対し、KS-3035は、単に見直しの機会を逸しているのに過ぎない。今の我が家のシステムには、もっと、ストレートに音を伝えるケーブルが合うのだと、そう思っている。候補としては、試聴したことはないのだが、Audioquest Everestか。いやーでも100万円超のケーブルは、やっぱ敷居が高いねー。あたりまえだの鬼子母神だ。(問い:このフレーズの間違いを探せ!)
 今の我が家の音は、このKS-3035に合わせてチューニングされているのだと考えると、換える必要はないのかもしれない。いや、それとも、高域が特徴的なKS-3035を交換すれば、上記No.1の問題が、多少緩和されるのだろうか。ん、そんな気もしてきたゾ。
 忘れてはならない。Current CableのスピーカーケーブルLiberatorも候補のひとつだ。ただし、製品が完成しないことには何とも。

 

No.3 スピーカーセッティング
   このJM Lab Alto Utopia Beは、音の出かたの緩いスピーカーだと思っていた。多少いい加減なセッティングでも、大して音に影響はない。そう思っていたし、事実そう感じていた。
 しかし、システム全体を高解像度に振って、スピーカーの足元をセメントセラミックの前田製管 MMW-1で固めたら、かなり反応の良いスピーカーに変身してしまったようなのだ。そうすると、セッティングにも気を使ったほうがいいのだろう。
 でも、部屋が狭いだけに、セッティングの自由度は低いのだ。それを考えると萎えてしまうんだなぁ。

 

番外 機器のグレードアップ
   具体的には、よく分からないのだ。ただただ妄想があるだけなのだ。 パワーアンプにViola Bravo、上流はEsoteric P-03, D-03を持ってくると、いい感じにまとまるんじゃないだろーか、とか。プリ・パワーにdarTZeelなんかどうだろう、とか。金額のカベと、置き場所のカベが高すぎて、なかなか現実世界に降りてこない妄想なのだ。
 ま、妄想しているうちは、機器の買い替えはないだろうナ。今のうちにオーディオ貯金にハゲむのだ。

 

 

 前回の「今後の改善テーマ(メモ) 07. 1. 3版」で挙げていた、「HDDトランスポート」や「200V電源」は、お預けなのだ。
 HDDトラポは、やけに面倒くさそうだし、これからやるならHDDよりフラッシュ・メモリのSSD(solid-state drive)だろう。それに、DAコンバーターへはPCM渡しでなく、WAV-DSD変換しての受け渡しの可能性もあるだろう。現に次期Sony VAIOには、それを実現するチップが搭載される予定のようだしね。技術の進展を待っていたらキリがないのは分かっているが、もう少しだけ待てば、かなりよい、より現実的なものが現れる気がするんだが。
 200V電源は、どうなのだろう。電源周りを変えれば、音が変わるのは当たり前のようだ。でも、今までは、単に音が変わることだけを面白がっていたような気がする。『今までと違う音が、よい音』、そんなふうに思っていたんじゃないだろうか。これからは、あらかじめどんな音にしたいのか、自分の好み、感性を、はっきり自覚していないと、虚しいだけの作業になりそうだ。やはり、時間が必要そうだナ。
 いくら比較試聴を積み重ねても、どれだけチューニングテクニックを覚えても、経験年数の少なさは、こういうところに現れるのだろう。やっぱり、オレは初級者なんだなぁ、甘い甘い。

 
 音の好みは十人十色、人それぞれ。最近痛感している。一般的なよい音、平均的なよい音、他人が認めるよい音は、今の私には必要ないのだ。私にとってのよい音ってなんなのだろうか。ひとりヨガリでいいのである。
 そう、このブログのタイトルは『個人主義』であったのだ。

 

◆過去に上げた改善テーマ
 今後の改善テーマ(メモ) 07. 1. 3版
 今後の改善テーマ(メモ) 06.10. 4版
 今後の改善テーマ(メモ) 06. 7.18版

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/179-f2ed3ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する