FC2ブログ
 

 

個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2019-08

taoc TITE-25PIN & audio-technica AT6294 ~Univ.P足元再チャレンジ

 前回「Univ.Pの足元変更、そして我が家のDVD リニアPCMに実体感があるワケ」で試行してみて失敗に終わったUniv.P Pioneer DV-S969AViの足元。やっぱり失敗したままにはしておけない。で、失敗の原因となったtaoc PTS-4に換えて、スパイクベースにaudio-technica AT6294を採用してみよう。

TITE-25PIN & AT6294 このスパイクタイプのインシュレーターtaoc TITE-25PIN(写真左)とaudio-technica AT6294(写真右)の組み合わせは、「デッド or 嗚呼!ライヴ ~ 第一章 ~」で、既に試している。AT6294は、制振ゴムのハネナイトを使用することにより、金属鳴きをおさえるらしい。
 使用場所は、Univ.Pの足の下、4点支持だ。

 いつものチェックCDで音を出してみる。んー、前回PTS-4を使用したときは、かなりPTS-4の響き、金属鳴きを聴いていたらしい。今回は、高域はかなり大人しいのだ。AB-2000に直置きしていたときの、pioneer独特の中域の響きは、なくなっている。低域も締まった感じだ。
 大事なのは、私がいつも感動しながら視聴しているDVDが、より一層の感動をもって視聴できるかだね。で、チェックするDVDは、「Sowelu / Video Clipe Vol.1」4曲目「Rainbow」、「MISIA / MISIA MY MUSIC VIDEO AWARDS」7曲目「Everything」、10曲目「眠れぬ夜は君のせい」、13曲目「心ひとつ」である。

 うん、高域はそれなりの粒立ちで、低域はほどよく引き締まり、なによりボーカルが美しい。「バランス」、「調和」、そんな言葉が頭に浮かんだ。悪く言うと刺激のない音なのかもしれないが、聴き疲れのしない、飽きのこない、そんな音なのだろう。
 ボーカルものは、やっぱボーカルが一番魅力的に聴こえるのがいいんじゃないかい。このセッティングで、しばらく聴いてみよう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/169-c604a3fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する