FC2ブログ
 

 

個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2019-08

NBS Omega 0 電源ケーブル&XLRインターコネクトケーブル試聴

NBS Omega 0 k1xv1xさんに、これらのNBS Omega 0をお借りしているうちに、ひとつひとつ、ちゃんと評価しておきたい。「デッド or 嗚呼!ライヴ ~ 第二章 ~」では、一連の流れの中で聴いたので、個別の評価がちゃんとできていないのだ。
 で、何と比較する?Omega 0のXLRインターコネクトケーブルは、Stealth Indra RCAとの比較だろう。双方の実力をしっかり見極めておきたい。で、Omega 0電源ケーブルは、っと。Stealth Dreamもいいけど、ここはElectra Glide Epiphany Xにしよう。Dreamは、特徴が強すぎる。ニュートラルなEpiphany Xとの比較が、まともな評価になるだろう。

 今現在は、パワーアンプにOmega 0電源ケーブル、プリアンプ-パワーアンプ間にOmega 0 XLRインターコネクトケーブルが刺さっている。この音を確認してから、比較対象につなぎ換えて聴く。いつもとは逆の順番だ。
 まずインターコネクトケーブル。

◆NBS Omega 0 XLRインターコネクトケーブル
 Stealth Indra RCAにつなぎ換える。やはり、RCAアンバランス接続の特徴、引き締まった音がする。しかし、ごくわずかだ。同じIndraのXLRとの比較の方が、違いが顕著であった。つまり、Omega 0 XLRが相当タイトな音をさせていたということになる。
 それでもこのIndra RCAの方がやや引き締まったせいなのか、高音の伸びは少なくなる。いや、明らかに高域が減じた。Omega 0では存在した弦の音の芯がなくなり、前方に出ていた音像が後退し、全体に平面的になってしまった。イカンなー。
 逆に中低域のボリュームは増した。驚いたなー、IndraはOmega 0に比べると低域バランスなのかな、イヤ中域付近に厚い、いわゆるカマボコ型かも。しかし、中低域の解像度は高くなく、バックボーカルの熱気は迫り出してくるのだが、実体がボヤけてしまっている。
 Omega 0に戻してもう一度聴く。やはり、高域にエネルギーがあり、伸びる。高域のエネルギーが、音に芯をつくり、音像を立体的に配置する。解像度が高いと言ってよいだろう。中低域のボリュームは減じるのだが、解像度があるので、バックボーカルの実体はこちらのOmega 0のほうがよく分かる。こっちの方が好ましいなぁ。こりゃマズイなぁ・・・

◆NBS Omega 0電源ケーブル
 次に電源ケーブルをOmega 0からElectra Glide Epiphany Xに変更。
 やや!Epiphany Xの方が、高域は伸びるぞ。解像度も高いかもしれない。しかし、微妙だー。ほとんど変わらないと言ってもいいだろう。エネルギー感は、Epiphany Xの方が低いね。音が薄く感じる。低域が弱いせいかもしれない。
 バックボーカルは、低域が足りないので、物足りなくなっている。しかし、これも微妙な差なのだ。
 一応Omega 0の方が好みだと言っておくが、この程度の差なら、他の部分のチューニング次第で、いかようにもなってしまうだろう。いやー、Omega 0とEpiphany Xが、これほど似ているとは思わなかったよ。
 と、すれば、だ。やっぱりCurrent Cableの新Peacemakerには期待してしまうなぁ。もうそろそろ来る頃なのだが。

 インコネはIndraでアガリと宣言していたのであるが、これでアガれなくなってしまった。ケーブルレスと言われたIndraにも、クセがあったということか。それとも、Omega 0のクセが、音をより自然に演出するクセなのか。
 90年代のJ-POPの音作りが高域と低域を強調して「ドンシャリ」と言われたように、もしかしたら、Omega 0はドンシャリで、中域に厚いIndraの音の方が自然なのかもしれない。しかし、気持ちよく聴けるのは、Omega 0の方なのだ。
 それと、気持ちよく聴ける組み合わせを言えば、電源ケーブルもOmega 0なんだなぁー。ナンだかなぁー。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/154-da3aadfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する