個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2018-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS AUDIO Noise Harvester

 2ちゃんねるでも話題になっているし、Current Cableの大先輩も、いち早く試して購入し、私に効果ありの一報をくださった。ほー、ならば迷うことはない。手ごろな価格(オーディオマニア比)だし、とっとと買ってしまおう。
 ちょっと迷ったのは、どのショップから買うかだ。以前は迷わずガード下の店長に、買いたい旨メールしたんだが。ま、この手のものは、素直にオーディオアクセサリーショップで買おう。

コンセント配置図 さてさて、どこのコンセントに刺そうか。考えられるのは、図の(a)~(d)。機器から遠いところから試していこうか。
 チェックCDは「Corinne Bailey Rae / Corinne Bailey Rae」1曲目「Like A Star」で。アコースティックなボーカルと楽器が、ノイズの有無を判断しやすくするだろう。

◆(a)
 まず(a)。コンセントに差し込むと、ノイズを検知して、青白く、激しく点滅する。このコンセントに刺さっている照明とは、ここ「音楽鑑賞と照明」で書いたものだ。
 音出し。一瞬、ボーカルの音像が小さくなり、マッドな印象になった。縮小し、艶がなく、ザラザラした感じだ。でも、生の音だ。マイクを通していない、生の声のように感じる。弦の音も、生の粗さが聴こえるようだ。ノイズが消えて、ニジミがなくなり、素の音が聴こえるのだろうか。

◆(b)
 では、(b)にいこう。ん~、あまり、というか全然(a)と変わんないじゃん。考えてみれば、DENKEN DA-7050Tは、クリーン電源だ。ここで大きく変わるようじゃ、逆に問題だナ。

◆(c)
 それじゃ(c)だ。一番効果が高いところは、ここしかないんじゃないだろうか。無防備にノイズにサラされているパワーアンプ、そのコンセントだ。
 聴いてみる。んー、確かにひときわ音像が締まった気がする。でも、気がする程度かなぁ。微妙かも。(a)~(c)は、どこに刺して大差のない効果がある、ということか。それはそれで、面白いのだが。

◆(d)
 ではでは(d)だ。ここは、意味がちょっと違う。私の貧弱な知識を駆使して考えると、クリーン電源の出力であるここのノイズは、デジタル機器のUniv.PとCDPから逆流してくるノイズだ。それがプリアンプに悪影響を及ぼしているに違いない。が、はたしてそうか。
 Noise Harvesterを差し込んでみる。規則正しく1秒間に数回の点滅を繰り返す。音を出す前に、ちょっと実験。CDPの電源を切ってみる。あれー、変わらないや。同じような点滅だ。やっぱり私の知識はアテにならないのかなぁ。
 音出し。 音の変化は同じ傾向だが、さっきとちょっと違うぞ。ニジミが取れて、かつ高域に寄ったのか、ちょっと硬い音になった気がする。周波数が違うからかなぁ。DA-7050Tの出力は60Hz、我が家は東日本なので壁コンセントは50Hzなのだ。


 結果として、とりあえず(c)に落ち着いた。もうひとつ買って(d)にも入れたい気もする。DA-7050Tは、出力コンセントをノイズフィルターで分離する、アイソレーション・カスタマイズをしてもらえるのだが、それの代替手段としてよいのではないだろうか。


Noise HarvesterPS AUDIO Noise Harvester
 クリスマスイルミネーションのような、青白い光の点滅でノイズを知らせる。見てるだけでも楽しいし、「おっ!働いてるな。ガンバレ、ガンバレ!」と応援する気持ちになってしまう。精神的にもいいかも。
 2ちゃんねるあたりでは、高価なクリーン電源と同等の効果があるというような書き込みもあるが、やっぱりそこまでではない。しかし、この価格にしては、効果は高いと言えるだろう。



追記
 なんと、Noise Harvesterには極性があり、ラベル面を下にして差し込むのが正しいのだと。つまり、ラベル面を下にしたときの、右側をコンセントのホットに接続するのだと。
 我が家で試したところ・・・。確かにラベルを下にした方がいいような気もするが。


 その後

スポンサーサイト

コメント

大変楽しいひと時をありがとうございました

k1xv1xです。昨日はお邪魔させていただき心からお礼申し上げます。この次はぜひ拙宅にもお寄りください。ドリーム・パワーとバルハラACが相性の難しい組み合わせであることや、PADドミナス・プラズマにも侮れない点があることなどなど、いやはや、楽しいひと時でした。小さなPS AUDIO電源コンデショナー、早速拙宅でも導入してみますです。

 k1xv1xさん、こちらこそ大変ありがとうございました。昨日のこと、このブログにどう書いたものやら、難儀しております。ややもすると、あれは夢だったんじゃないか、と思ってしまいます。夢で終わらせないために、あのケーブル達を狙いたいと思っております。ご相談に乗ってください。
 よろしくお願いいたします。

有名なオーディオ関連のフォーラム、Audio Asylum上にPS PowerというPS Audioがスポンサーになっているフォーラム(掲示板)がありますが、そこにPS AudioのPaul McGowan社長がNoise Harvesterに極性はないと誰かの質問に答える形で書いてありましたよ。

こんばんは、Nordlysさん。

 コメントありがとうございます。
 何をやっても音が変わる、または変わった気がするのがオーディオの世界だと思います。
 Noise Harvesterをつなぎかえたことにより、電気的な、または物理的な特性が変わって、音が変化したように聴こえたのだと思います。
 そんな原因の分からない音の変化に一喜一憂するのに疲れてしまい、私はアクセサリー、オカルトグッズからは遠ざかってしまいました。
 ご自分の耳を信じるしかないのではないでしょうか。探究心は大事ですよね。お互いに幸せなオーディオライフを目指しましょうね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hei30per.blog34.fc2.com/tb.php/134-53e05802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。