FC2ブログ
 

 

個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2009-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイビット/ハイサンプリング再生

 せっかくPCオーディオにしたのだから、ハイビット/ハイサンプリングの曲を試してみようと思って、いろいろやってみてはいるのだが、なんだかうまくできていない気がする。
 たとえば、24bit/96kHzの曲をダウンロードしてきて、LilithやFrieve Audioでそのままの設定で再生してみる。音楽は正常そうに聴こえてきて、再生ソフト側には24bit/96kHzの曲を再生していると表示されるのだが、外部クロックは44.1kHzのままだし、DAコンバーターElgarの表示も16/44.1のままである。これじゃイカンのじゃないだろうかと思って、設定をいぢって外部クロックを48kHzとかにすると、再生速度が速くなってしまったりするのだ。うーん、よくわからん。

 いろいろな試行錯誤をしたところ、うまくいっているように見える設定に行き当たった。それは次のようなものだ。

 我が家の環境は、
  PC:Dellノート、Windows Vista
  オーディオインターフェース:Fireface 400
  DAコンバーター:dCS Elgar plus
  外部クロック:Antelope OCX
  音楽データは24bit/96kHzとする

(1)まず外部クロックを、96kHzに設定する。

(2)再生ソフトは、Windows Media Player 10.0
 -WMPの設定を変更するのだが、ノイズが発生することがあるので、アンプの音量は絞っておく。

1 WMP option プレイビュー>その他のオプション>「デバイス」タグを選択。
 図のスピーカーの「プロパティ」を選択する。


2 speaker propaty 図のサウンド再生の「詳細設定」を選択する。


3 sound 図のSPDIF インターフェース RME Fireface 400の「プロパティ」を選択。


4 SPDIF propaty 図の「詳細」タブを選択し、既定の形式のプルダウン「2チャンネル, 24ビット, 96000Hz」を選択。

 以降「OK」で戻るが、途中アラートのポップアップが出るがそれも「OK」で進む。
 WMPで曲を再生。ここでも一度エラー表示があるが、OKして再度再生する。


(3)再生しながら、Fireface settingを確認。

5 Fireface 図の右下、「Sync Check」はWord ClockにSyncしていればOK。「AutoSync Ref」はInputがWordでFreq.は96kHzでOK。「System Clock」はModeはSlaveでFreq.が96kHzの表示となる。


(4)最後にDAコンバーターdCS Elgarの表示を確認。

6 dCS Elgar 24bit 96kHz みごと「24bit/96kHz」でロックしている。


 ここまできたら、絞ったアンプの音量を上げて音楽を聴いてみよう。

 しかし、この設定変更がいつも素直にうまくいくわけではない。途中、FF400の「System Clock」がロックしないときはFF400を再起動してみるとか、Elgarがロックしないときは「input」スイッチを切り替えてみる、などなど接続のタイミングを変えてみることが必要だ。
 なんだか昔の白黒テレビのようだ。調子が悪いときはたたいてみる、みたいな。


 それらしき設定がやっとこ分かったところで、曲を聴き比べてみよう。チェック曲は、「綾戸智絵/Life」14曲目「Let it be」である。所有していたCDからリッピングした16bit/44.1kHzのものと、e-onkyoからダウンロードした24bit/96kHzのものである。最初に16bit/44.1kHzを聴いてから、設定を変えずに24bit/96kHzのものを聴く。
 これでも十分音の厚みや密度が違う。意外なのは高域よりも中低域が厚くなったということか。綾戸のピアノは高域が際立って響いていたのが、中低域のボリュームが増し、存在感が出てきた。あたりの空気の密度も増したように感じるのは面白い。
 続いて上で書いたとおりの、これで正しいと思う設定に変え、24bit/96kHzのものを聴く。
 ・・・あまり変わらないかも。一層密度が増したようには感じる。設定変更に手間がかかり、比較前の曲の印象が薄れてしまったのもあるかも。

 上記のような設定については、ネットを探しても情報が見当たらない。あ、私の頭で分かる情報がない、と言ったほうがいいのかな。だいたい少なくともe-onkyoには、再生環境の設定の説明書が必要だろう。聴き方の書いてない音楽ダウンロードサービスなんて、調理方法の書いてないカップ麺みたいなものだ。

 今回、いろいろと試行錯誤してみたが、残念ながらLilithやFrieve Audioの設定方法は、私には分からなかった。WMPの設定のみ探し当てた。が、しかし、これすら正しいとは私自身確信がないのだ(爆
 やれやれ。PCオーディオはまだまだ未成熟だ。オレはもっと未成熟だけど。




スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。