FC2ブログ
 

 

個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2008-01

CDに悲しいキズ

 キズのついたCDがある。曲の途中でブチブチと音飛びが起こる。悲しいけど、しょーがねーなぁー、と諦める。

CDのキズ 最近、このキズのついたCDが妙に増えるのである。キズの様子を見ると、写真のように円状である。最近つくキズは、不思議とどれも同じ形状である。音飛びが起こる場所も、どれも7曲目か8曲目。それもヘビーローテーションしているCDばかりやられる。やりきれない思いである。ハァ・・・。

No390SLのトレイ んっ?!ひょっとして、と思ってCDPのトレイを見ると、CDのキズのつくあたりに段差が。こっ、これか?これが原因なのか。
 しかし、キズが頻繁につくようになったのは、最近のことである。以前は、滅多にキズなどつかなかったのだ。 最近よくやる操作って・・・
 あっ!わかったかも。

 最近、CDを聴いている途中で、CDPを一時停止にして、2~3分席を離れることが多い。通常の一時停止は、CDの回転もピックアップもそのままの状態で、CDの読み込みのみを停止させる。一時停止を解除すると、直ちにCDの再生を再開することができる。しかし、2~3分の長時間の一時停止になると、CDもピックアップも停止の状態に戻るようなのである。再生していた位置は記憶しているのであるが、再開するのにしばらく時間がかかるのだ。
 このCDPは、CDを持ち上げて回転させるようなのだが、この長時間の一時停止で、停止の状態になるとき、まだCDの回転が止まらないうちに、トレイに下ろしてしまうのではないだろうか。そのときに、トレイの段差の位置にキズがついてしまうのではないだろうか。

 それに気がついて以来、CDPの一時停止の操作はしていない。CDにキズがつくという悲しい現象は、それからは起こっていない。

 いろんなことが起こるもんだなぁ、オーディオって。


追記
 このブログ読んだTATSUYAさんから、的確なご指摘をいただいて、原因が別なところにあったとハッキリした。なるほどー!溜飲が下がるとはこのことだ。
 詳細は、コメントを参照のこと。

スポンサーサイト



 | HOME | 

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する