個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2007-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD/HDDレコーダー Panasonic DMR-XW100

 あんまりコダワリはないので、紹介するのはヤメておこうか、と思っていた。しかし、あまりにネタがないし、このブログのサブタイトルには「DVD」の文字もあることだし。

 オーディオほどではないが、AV機器も愛好家である私は、きっとBDレコーダーくらい買うだろー、とか思われるかもしれない。でも、DVD/HDDレコーダーなのである。
 TV番組は、録画して一度見たらすぐ消す。編集して媒体に保存してコレクションする趣味はない。ビデオカムにも興味はない。
 音楽映像は、今のところ市販のDVDの購入で十分だ。将来的には、BDに期待しているし、そのときはBDプレーヤーを購入したいと思う。でもレコーダーはいらない。BDの音楽を今より素晴らしい音で楽しむには、Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audioなどのデコーダーも必要だしね。BDでピュアオーディオレベル以上の音楽を楽しむには、まだまだ時期尚早だろう。

 前に所有していたのは、Pioneer DVR-510Hである。たまたまそれまで使っていたVHSレコーダーが壊れてしまったので、やっぱりコダワラずに買ったのだ。アナログ放送しか録画できなかった。しかも80Gだ。
 TV番組、特に映画番組をシフト視聴する習慣がついてしまった私には、是非ともデジタル放送を録画したいところだ。だって、オンエアー時間にはプラズマTVで、美しいHD映像を楽しめるのに、シフト視聴の習慣のおかげで、アナログ放送録画のSD映像しか観れないなんて。

 DMR-XW100の実売最安値はたったの6万円程度である。考えてみれば、我が家のオーディオボードより安いのだ。ケーブルの1/3~1/5程度の値段なのだ。なんで購入をためらうのか、ワケワカンナイのだ。でも、ためらってしまうのだ。私の良心、平常心、リミッター、防波堤、理性と狂気の境目がここにあるのだろうなぁ。
 オーディオは狂気、AVは理性の領域にあるんだなぁ。

 理性のなかの清水の舞台から飛び降りた。購入してしまった。
 満足している。HDMIではなく、D4で接続した。なぜなら、TVチューナーのHDMI入力端子は1つしかないし、そこには既にDVDプレーヤーPioneer DV-S969AViが接続されているからである。
 でも満足なのだ。BS放送の映画も録画できるようになったのだ。BSではあんまりホットな映画はやってないみたいだけど。
 野球放送の延長による時間シフト録画にも対応している。ちょっと前に深夜放送のプリズンブレイク・シーズン2の最終話が野球放送延長により時間シフトになってしまった時は、信じられない!と憤慨した。日テレは、なんて根性が曲がってるんだろうと呪った。でも、そんな思いからも、これからは開放される。
 ダブル録画できるようになったのもGoodだ。以前レコメンドしたテレ朝木曜深夜の「ベストヒットUSA 2007」の裏番組では、よく映画を放映してたりするのだ。
 でも何より録画したTV番組がHD映像のまま楽しめるのは、いいなぁー。これが一番なのだ。
 実は、私はDVDやTV放送の映画を週2本以上、年間100本以上観る映画好きでもあったのだ。あ、半分以上は、米国のTVドラマのDVDだけど。「24 Twenty Four」はもちろん、「Stargate SG-1」や、「The West Wing (ザ・ホワイトハウス)」なんかもオススメなのである。
 ・・・オマエ、実はヒマなんだろー。今そう思ったナ!

 オーディオの話しではなかったなぁ。

Panasonic DMR-XW100 Panasonic DMR-XW100は、スピーカーの裏のラックの下段に収まった。我が家では日陰の存在となった。でも活躍してるのだ。写真のラック最下段に見えるのはプラズマTV Pioneer PDP-505HDLのチューナー部である。後ろのスダレがなんともサモシイなぁ。このスダレも万円超の高級スダレなんだけどなぁ。
 前任のPioneer DVR-510Hは、廃棄するしかないかと思っていた。でも試しにオークションに出したら、ずいぶん高額で落札されたのだ。まさに「捨てる神あれば、拾う神あり」なのだ。私は神とは程遠いけどネ。


スポンサーサイト

ブログ二周年のようなのだ

 一年前に「ブログ一周年の所感」で書いた思いは、基本的に変わってはいない。でも、昨今のオーディオブログに見られるような他人のインプレなんかアテにしちゃいけないゾ!とは、強く思うようになった。いい音、感動する音楽は、人それぞれ違うのだ。機器以外の部屋、環境による要因も大きいしね。自分の耳で確認する以外に、音や音楽の良し悪しを判断する術はないのだ。
 じゃ、どーして私はアテにならないオーディオブログなんかを書き続けているのだろう。実は、私自身その意義を見失いがちなのだ。せめて、ホントに初心者の方が、オーディオの素晴らしさを知るキッカケくらいになればいいなぁ、とは思っている。それが、いまだにこのブログを続ける力となっているのかなぁ。ネタには四苦八苦なんだけどね。

 絵画や書道、お茶やお花、様々な芸術活動と違って、オーディオには流派やセオリーが確立されていない。せいぜい、メーカー別の音の傾向、好みなどのユーザーの共通認識らしきものがあるのみだろう。あ、評論家信者みたいな人もいるのかな。私はよく知らないけど、長岡さんとかかね。
 「私は草月流オーディオ道です!」とか、「裏千家オーディオ師範です!」とか、はたまた「バークリー音楽大学のオーディオ学部プリアンプ科出身ですっ!」とか言えれば、ちょっとは一目置かれるかも。いや、別に一目置かれたいわけじゃないけど。なんだか、飲み会を盛り上げるための自虐ネタのように、「実は、オーディオに凝ってるんだよぉー。イヤ、車を手放したから、その代わりにねっ。」なんて、言い訳混じりにオーマニをカミングアウトしている自分が、ナンダカナーな感じだ。ちょっと肩身が狭いと感じている。マニアと称される人種はみんなそんなもんなのかな。書道マニアとか、日本舞踊マニアとかは言わないもんね。歴史の浅い芸術・文化の定めなのかね。
 ジャズやクラシックとかの音楽の好みならフツーに言えるのに、オーディオ機器やアクセサリー、ましてやイオン発生器みたいなオカルトグッズなんかを言い出したら、こいつイッちゃってると思われて、ドンビキされるのがオチなのだ。そういう意味では、オーディオは今だにニッチなサブカルチャーなんだなぁ。
 かといって、この趣味を見限るつもりはないのだが・・・

 でも、半ば人間性をウリにする商売をしている身にとっては、ビミョーな趣味かも。なんて、ブログ二周年の所感なのである。
 ナンダソレ。

 あ、でもでも、先日、一粒400円のキャラメルを買っていることをカミングアウトしてくれた会社の女の子とは、話しが合うかもしれないと思う今日この頃である。
 お互いにドンビキか。

Bill Philip - Trees in Normandy そろそろ冬なので、冬のポスターに替えた。「Bill Philip / Trees in Normandy」である。光っているのは、照明が写りこんでいるのだ。

再び帰ってきたCDP

 事前に電話があったのだ。留守番電話に録音されていたのだ。ハーマンサービスの担当者からだ。正常に動作していて、異常は確認できなかったそうだ。そのまま何もせずに返送するとのことだ。
 こちらから伝えていた、HDCDのパイロットランプが点灯しないという異常は、再現しなかったということなのだろうか。「釈然としない」とは、こんな気持ちのことを言うのだろう。
 確かに点灯しなかったのだ。我が家にあるHDCDを何枚かかけて、確認したのだ。輸送時の振動で、切れかかっていた接続が戻ったのだろうか。イヤ、そんな安易な理由じゃないだろう。

 修理から帰ってきたCDP。早速接続して電源を投入、システムが立ち上がる。HDCDを挿入して、再生。・・・ん?なにやら様子がおかしい。
 表示が、いつもと違うのだ。すぐにCDの総時間表示とならない。一瞬、"BAD ナントカ"と出て消えた。その後しばらくして、やっと正常な表示に。
 Playボタンを押す。え”っ!カスレた音だ。チューニングが合っていないラジオのような音なのだ。インプットセレクトのツマミや、ケーブルの接続を確認する。正しいハズである。違うCDをかけてみる。やっぱり、カスレてる。
 しばらく考えて、思い当たった。CDPの電源をOFF。そしてON。再度システムを立ち上げ直した。HDCDを挿入、Playボタンを押下。
 おーっ!しばらくぶりに聴く、感動的なリアルな音。なんとHDCDのパイロットランプも眩しく輝いた。
 そーかーっ!!その瞬間悟ったのだ。パイロットランプが点灯しなかったのは、システムの立ち上がりの過程でなんらかの異常が起こったのだろう。単純に、再びシステムを立ち上げ直せば正常に戻ったのだろう。
 パソコン歴20数年の私としたことが、ウカツであった。電源OFF/ONはエラー解消の基本なのだった。

 修理に出して約3週間、無意味な空白期間を作ってしまったようだ。バカなことをした。
 が、しかし、この感動的な音を聴くと、そんな後悔もどこかに吹き飛んでしまうのだ。やっぱオーディオって、すっばらすぃーネ。
 「バカは死ななきゃ治らない。」 誰のセリフだったっけ。


追記
 「バカは死ななきゃ治らない。」清水次郎長の子分、遠州森の石松が仲間からからかわれて、言われてた言葉だったね。ガキの頃、じぃちゃんの家に浪曲のレコード全集があって、よく聴いていたのだ。

audio-technica AT-PT1000 電源タップ

audio-technica AT-PT1000 ずいぶん前に購入したのだが、紹介が遅くなってしまった。オーディオ的な評価はしていない。見た目で購入したからだし、そもそもこのタップにオーディオ機器は接続しておらず、もっぱらAV機器用である。
 接続されているのは、プラズマTVやDVD/HDDレコーダー、それにSynergistic Research Designers' Reference Digital CableのACカプラーなどだ。ちなみに、このタップまでの電源ケーブルは、PAD MUSAEUS AC Power Cableである。
 以前は無印良品の1000円程度の電源タップを使っていた。しかし、あのスケルトンのかわいいタップには、ぶっとくてごっついオーディオ用電源ケーブルは似合わなすぎたのだ。

 目論見どおり、物理的に安定していて、見た目上、ケーブルが整理されているように感じる。よかった、よかった。
 オーディオバカにとっては、1万円超のタップも、決して高くはないのだ。って、ほんとバカ!・・・だし、見栄っ張りのヤセ我慢なのだ。「武士は食わねど高楊枝」だとか、「伊達の薄着」だとかと一緒かな。いや、オーヲタはそんなにカッコイイもんじゃないな。

MUJI AC Tap こちら以前のムジのタップ。センスの良い庶民派なのだ。今はベンチを暖めている。
 どーせコチトラは、センスの悪いオーヲタなのだっ!

 HDCDのパイロットランプの修理に出したMark Levinson No390SLは、まだ退院してこない。どうやら優先的には扱ってはもらえず、また素直に待ち行列に並んだようだ。やっぱ、一ヶ月は待つことになりそうだ。私のオーディオ熱は、微熱程度に冷めてしまった。

CDP再入院

 前回「帰ってきたプリアンプで書いたとおり、CDPは再入院となった。最近の相次ぐ入退院の結果、我が家には梱包材は豊富にストックされている。以前のように発送に困ることはないのだ!って自慢できることじゃないなぁ。

 CDPを送り出し、我が家のシステム構成は前段がAVの
  Univ.P     :Pioneer DV-S969AVi (iLINK接続)
  AV Amp    :Pioneer VSA-AX10i
  PreAmp    :Viola Cadenza (pass through)
  PW Amp    :Goldmund Mimesis 28ME (Front 2ch)
  Front SP   :JM Lab Alto Utopia Be
  Surround SP :JM Lab Chorus 706S
となった。
 さて、どんな音になったんだ、とCDを聴いてみる。

 なんだか、ハム音のノイズがすごいなぁ。こりゃ、以前にも経験した現象に似ている。と、ケーブルの接続、ストレスを確認する。すると、AV AmpとPreAmp間のRCAケーブルの端子がユルユルになっている。これは、前回の入院初期の構成のときに、無理な機器の配置にもかかわらず、RCAケーブルを力ずくで接続したので、端子の先が広がってしまったせいだ。
 ペンチを取り出して、端子の先の広がりを絞る。RCAの弱点は、こういうところにもあるね。実は、デジタルケーブルもややユルユルなのだが、今回はそこはそのまま。
 さて、再び音を出してみる。ずいぶんノイズは小さくなったのだが、まだまだ耳障りだ。しかし、これ以上はなかなか改善できる要因を探し出せない。
 ま、いいか。こういうものは、えてして時間が解決したりするのである。・・・ホントかよ。
 ひょっとしたら、PreAmpの入力端子のショートピンがないせいかもしれない。ま、これはショートピンが帰ってくるまで待ちまひょ。

 またしばらくは、B象限の音楽を楽しもう。

 なんだか最近、音楽への興味が薄れている。ヤバイッ!

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。