個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2005-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

akiko, Jazz singer

 akikoの新アルバム「Little Miss Jazz And Jive」をレコメンドしようと思ったんだが、こりゃだめだ。

 このアルバム、スタンダードなSwing Jazz, Jive, Jump Bluesのカバー集で、いい選曲にいいアレンジ、素直で伸び伸びとして元気なakikoのボーカル。聴き始めるとすぐに何だか楽しい気分になり、自然に体がリズムを刻みたくなる。思えば私が初めてJazzを好きになったのもSwingの曲だった。でも違うんだなぁ。

 前々作のアルバム「Mood Indigo」(SACDマルチのハイブリッド)はマルチチャンネルを積極的に使った実験的なエンジニアリングの作品だった。実験はなかなか面白かったし良い出来だったと思う。サラウンド・スピーカーに積極的に楽器を割り振ることによって、フロント2chの音をスッキリとさせ、結果として楽器の音がより明確に主張し、音楽的にも心地よく聴けていたと思う。SACDマルチで聴いた後、CDステレオで聴くと、なんだか楽器が混雑していて窮屈に聴こえてしまった。
 同じくこの「Little Miss Jazz And Jive」も実験的なエンジニアリングの作品だと言えるのではないだろうか。な~んて書くとイッパシの音楽評論家みたいだが、とんでも素人なので間違っていたらゴメンナサイ。ゴメンナサイついでに書くのだが、この実験の方向性が私的には間違っている。分かりやすく言うとこのアルバム、「ふる~~い録音」風にエフェクトされているのだ。楽器は左右のスピーカーより中心寄りに集まって固まり、広がっていかない。音は中低域が厚く、高域の倍音成分が聴こえない。つまり楽器の美しい響きがまるで聴こえてこないのだ。

 「お客さん、このCDはJump & Jiveなんだからノリで聴いてもらわなきゃ」などと言う声が聞こえてきそうだが、それではこちらの気持ちが納まらない。Jump & Jive =「古い録音」という図式は、これまでのakikoの路線と食い違ってるんじゃないだろうか。1930年代全盛だったSwing Jazzを現代のクラブシーンに融合させるところに彼女の魅力が存分に発揮される、とどこかで読んだし私もそう思う。akikoというシンガーには、古くてかび臭い音は期待していない。「クラブで踊っちゃえるような今風のアレンジのかっこいいスイングをやってよ!」ってことだ。あ、もちろん打ち込み系はなしで。
 DJ須永プロデュースが好みだと言ってしまえばそれだけのことかもしれないけど。。。


akiko - all album
上段左から
 Girl Talk
 Akiko's Holiday
 Hip Pop Bop
中段左から
 Mood Swing
 Mood Indigo
 Simply Blue
下段
 Little Miss Jazz And Jive


スポンサーサイト

CDレコメンド : LaShell Griffin / Free

 LaShell Griffinは、米国の人気オーディション番組「Oprah's POP Star Challenge!」の2004年の優勝者とのこと。そのLaShell Griffinのファースト・アルバム。ジャケットを見る限りカワイイおばちゃん(主婦らしい)だ。

 私の最近のオーディオの試聴はもっぱらこのCDを使っている。とてもソウルフルな一枚。実に堂々と歌い上げる様には感動する。またほぼ全編に入るコーラスが非常に心地よい。アルバム・タイトルでもある2曲目「Free」の評価が高いが、私的には7曲目「Rise」およびそれ以降の曲がおすすめだ。

 オーディオ・チェックにはこの「Rise」の導入部のピアノ、ギター、ストリングスの音とコーラスの左右広がりを、また10曲目「Faith」では男性(Lee Griffin、旦那らしいがこれまた巧い)ボーカルとLaShell Griffin自身のボーカル部にエフェクトとして入っているエコーの弱音表現を、それからボーカルの頭にかぶせて入ってくるベースの低音域をチェックすることにしている。

 今年の春くらいから愛聴しているがまだまだ飽きない。2004年5月発売なのでそろそろセカンドが出ないかと思っているが、なかなか出ない。待ち遠しい。

LaShell Griffin - Free LaShell Griffin / Free

Christianというジャンル

 オーディオ・マニアな方々は、ClassicやJAZZを聴く人が多いようだ。オーディオという趣味を追求する上で、その目的のひとつに原音再生、生楽器を生楽器らしく再生するというのがある。で、これまた目的を持って組み合わされたオーディオ機器のつむぎ出す生楽器の音は極めて心地よい。というわけで、オーディオ・ファン/マニアは生楽器を多用するClassicやJAZZというジャンルを好むのだ。たぶん。

 私はどうかと言うと、元々はR&B、Dance & Soul系が好みである。世の流れからいくとHip HopかTranceに傾倒するという方向性もあるのだが、生楽器の多い方面へと突き進んで行ったところ、このChristianというジャンルに行き着いた。(Hip Hopに行ける歳なのか?という声も聞こえそうだが。まぁまぁ・・・)

 Christianというジャンルは、多くの日本人には馴染みのないジャンルかもしれない。簡単に言ってしまうと「ソロのGospel」だ。Gospelと聞くとこれまた多くの人が「あ~、教会でやってるアレね~」という反応をするのだが、ここでもまだちょっと誤解を含んでいる場合が多い。Gospelとは、メロディーにかかわらず、神様のことを歌っていれば、その曲はGospelと呼ばれるのだ。つまり、HR/HMでもHip HopでもCountryでも、西洋宗教的なメッセージが込められていればGospelに分類される。で、Christianとは、元々コーラスで歌われていたGospelだが、70年代に一人で宗教的な歌を唄うアーティスト達が注目されてきて、これがChristianとして細分化されることになったということらしい。
 では、Christianにはまったくコーラスが含まれないかというと、そんなことはなくて、コーラスも重要な要素としてふんだんに使われており、Gospelらしい香りを漂わせるのに効果を上げている。

 宗教というと敬遠してしまう人がいるかもしれない。実は私もちょっとな~、と思わないでもない。ジョージ・ブッシュ(息子の方)が2度目の大統領選に勝利した後、どこかのTV番組でその選挙戦の裏側の一面として、キリスト教原理主義を取上げていた。私自身はキリスト教原理主義については、何ら理解はしていないのだが、その番組内では排他的で自己中心的で、何やら禍々しいものとして取り上げられており、そのイメージが私の中ですっかりGospel/Christianと結びついてしまった。その番組中のキリスト教原理主義の人々の様子が、Gospel界の重鎮CeCe Winansのコンサートにいる熱狂的な観客と、私の中でみごとにかぶってしまったのだ。CeCe Winansのコンサートの模様はアルバム「Throne Room」の初回特典DVDに収録されている。このアルバムは今も変わらず私の愛聴盤である。
 私自身はキリスト教徒ではなく、どちらかというと「八百万の神」の考え方に親近感を持ってしまう方だし、またGospel/Christianの歌詞を理解しながら聴いているわけでもない(ちょっと情けない)。あくまでも音感だけの好みで聴いているので、あらぬ誤解をされぬよう。

Cece Winans - Throne Room CeCe Winans / Throne Room (HDCD)

Pioneer DV-S969AVi インプレッション

No390SLとDV-S969AVi

比較対象:Mark Levinson No390SL
試聴CD :LaShell Griffin / Free
      柴田淳 / わたし (HDCD)

 Synergistic Research Designers' Reference Digitalの導入により、DV-S969AViがあまりにも素晴らしく生まれ変わったので、
  DV-S969AVi(CDトランスポート) → Synergistic Digital → No390SL(DAC)

  No390SL(CDプレーヤー)
とを比較してみた。つまり、CDトランスポート部の比較ということになるだろうか。これもCDトランスポート部だけを見ると価格差は相当なもの(推定)なので、歴然としたものがあるかと思いきや。

 なんと、音の輪郭、立体感についてはDV-S969AViの方が上のように感じる。特徴としてはSynergistic Digitalのインプレッションと同様になってしまっている。これはSynergisticが非常に支配的である証なのであろうか。一瞬、No390SLが負けたと思ってしまったが、よく聴くとやはり弱音表現についてはDV-S969AViの方が弱い。DV-S969AViはメリハリのある音、No390SLはバランスのよい音という評価が妥当だろうか。ちなみに、しっとりとしたウィスパー系の女性ボーカル「柴田淳 / わたし」を聴いたところ、DV-S969AViでは柴淳が元気ハツラツになってしまい少々興ざめであった。

 しかし、価格差(推定)を考えると、DV-S969AViは相当な健闘である。いやSynergisticがすごいのか。いややっぱりPioneerのCDトランスポート部は優秀なようだし。。。
 ここまでの健闘を見てしまうと、高価な一体型CDプレーヤーより、二周りくらい格下のCDトランスポートとDAコンバーターとを組み合わせて、ケーブルを奢ってあげたほうが良い結果になるのではないかと疑ってしまう。機会があったら是非実験してみたいものだ。


追記

 ある人にこの現象を話してみた。「音がダンゴになってませんか」と言われた。そりゃ。。。そりゃ、音に芯がとおり、つまり強音がよりクッキリして、弱音がより弱くなるって。『ダンゴ』ってことじゃないか。。。
 そう思ってしまうとそう聴こえてしまうのがオーディオの怖いところでもある。。。


追記その二

 しばらくして環境も変わった。どう変わったかというとNo390SLとDV-S969AViの電源はDENKEN DA-7050T経由となり、プリアンプにCadenzaが導入された。結構なグレードアップがなされたと思う。
 昨日、ふとMisiaの「Holy Hold Me」のミュージッククリップが観たくなりDVD「Misia / The Singer Show ~The Tour of Misia 2005」を引っ張り出し、確かこっちだと2枚目のディスクをDV-S969AViにかけてみた。そしたらそれはDVDじゃなくて「Song for You」のCDじゃないか。あれ~!今まで聴かなかったのかな。結構いい録音だ。2曲目のInstrumentalまで聴き入ったところで、ふとNo390SLで聴いたら?と思った。
 聴かなきゃよかった。音がほぐれてふわっと軽くなった。ギターの音が、DV-S969AViでは弦の1本1本の音を聴いていたのだが、No390SLでは1本の弦を弾く音とその後に続く余韻の広がりを聴き分けることができる。そうDV-S969AViではギターは音の塊となっていたのだが、No390SLではそれがいくつもの細い音の束となり、かつ長く余韻の尾を引くのだ。それも立体的なふくらみを持って。圧倒的な情報量の違いだ。DV-S969AViは「音が団子になってませんか」との指摘はみごと的中だった。
 システムがグレードアップすると、時として個々の機器の特質を残酷なほど浮き彫りする。以前は勢いがあり明暗がくっきりしていて結構いい線いっていると思われたDV-S969AViが、今では明らかに格下の音に聴こえてしまう。使ってるSynergisticのデジタルケーブルより安いんだからしょうがないかぁ。
 DVD Linear PMCの音をCDと同じレベルで楽しむにはユニバーサルプレーヤーの入れ替えが必要か。無意識のうちにネットでEsoteric UX-1を検索していたが、これってi.LINK未対応なのね。i.LINK、HDMI両方対応してるのは最新のUZ-1だけなんだ。やっぱり技術がこなれるまでしばらく様子を見た方がいいかな。Esoteric自体、製品ラインナップの改訂が激しいしね。あれ?俺ってユニバーサルプレーヤーはしばらく凍結って決めてたんじゃ・・・
 気を緩めると雪だるま式に投資は増え、ぬかるみにハマリ込んで行くのだ。

Synergistic Research Designers' Reference Digital インプレッション

Synergistic_dig2.jpg

使用箇所:DV-S969AViとNo390SL(DAC)との間
比較対象:SAEC EFF-2000
試聴CD :LaShell Griffin / Free
      鬼束ちひろ / the complete clips (DVD)

 そもそも価格差が大きすぎて比較にならないという気もするが、とりあえず。

 SAECからSynergisticに変えるとまず音に芯が入り、音のにじみがなくなるのに気がつく。低域のスピード感が増し、ベースやバスドラのボリュームが少し上がったように聴こえる。音の輪郭がはっきりするという表現はこのことだろうか。

 音色については、にじみと共に乗っていた艶が消え、静寂性が増し素直な音になった。ずいぶんテラテラとした艶だったので、つまらない音になったとは感じない。そのままの素の音という感じがする。あの艶はPioneerの音だとずっと思っていたのだが、どうやら違ったようだ。

 また、音場は立体感が出て定位がはっきりした。ボーカルは口元が小さくなり少し奥に引っ込んだようだ。音に芯が入ったので、遠くに行ったという感じではない。両サイドの音はクッキリとして前に迫ってくる。今までは後方展開型の鳴り方だと思っていたのだが、両サイドの音はSPの前方にグイッと出てくる。

 しかし、よくよく聴くと弱音がより弱くなってしまっていて、「LaShell Griffin / Free」10曲目「Faith」に録音されているボーカルのエコーや「鬼束ちひろ / the complete clips」7曲目「月光 (album version)」のピアノのペダルを踏む音(たぶん)が微かにしか聴こえなくなってしまった。
 このSynergisticは中古で入手したのだが、エイジングが不十分なのだろうか。金額的にかなり格下のSAECに負ける部分があったことに少々ショックである。が、これを使うのはDV-S969AViでDVD(Linear PCM)を再生するとき、すなわち音楽のビデオクリップを見る(聴く)ときだけなので、まぁいいかと自分を誤魔化してみる。

 ちなみにアクティブシールドのコンセントを入れた方が静寂性が増し、音の粒立ちがより鮮明になり好ましい。ネットでどなたかが書いていたが、コンセントの極性による差は感じられなかった。

現在の機器構成

system 全景 200903020
 

※黒文字は機器等、赤文字は電源ケーブル等青文字はインターコネクトケーブルおよびスピーカーケーブル
 

◆PCオーディオ
 

Plextor Premium2
市販ACアダプタ ※2
|
市販IDE-USBインターフェース
| ※リッピング時のみ接続
DPAT Seven 64
付属ACアダプタ
|
NBS Black Label II Digital RCA
|
dCS Elgar plus
Antelope OCX
付属ACアダプタ ※1
|
stereovox HDXV BNC
Current Cable Peacemaker AC Power Cable ※1
or
Stealth Dream AC Power Cable for Digital Gear ※1

|
Stealth Indra Interconnect XLR
|
Viola Cadenza
Current Cable Peacemaker AC Power Cable ※2
|
NBS Omega 0 Interconnect XLR
|
darTZeel NHB-108 model one
Current Cable Conqueror AC Power Cable ※2
or
NBS Omega 0 AC Power Cable ※2

|
Kimber Kable KS-3035 + WBT-0680Ag
|
JM Lab Alto Utopia Be
 
※1:DENKEN DA-7050T AC Power Supplyより電力供給
※2:AudioPrism Power Foundation I AC Power Conditionerより電力供給
以降同様

 
◆CD(PCM)/DVD(Linear PCM)システム
 

Pioneer DV-S969AVi
Electra Glide Epiphany X AC Power Cable ※1
|
Synergistic Research Designers' Reference Digital RCA
|
Dell Inspiron 1526 - RME Fireface 400 - Antelope OCX
YAMAHA External AC Power Adaptor PA-6 ※2
|
NBS Black Label II Digital RCA
|
dCS Elgar plus
※以降PCオーディオ・システム共通

 

◆DVD(Dolby, dts)/SACD(DSD)システム
 

Pioneer DV-S969AVi
Electra Glide Epiphany X AC Power Cable ※1
|
ortofon i.LINK
|
Pioneer VSA-AX10i
付属ケーブル ※2
|
PAD MUSAEUS Interconnect RCA
|
Viola Cadenza (pass-through)
※以降PCオーディオ・システム共通

 

  Surround Speaker :
 

Pioneer VSA-AX10i
付属ケーブル
|
Supra Classic 2.5H + Furutech FP-203G
|
JM Lab Chorus 706S

 

◆DVD(映像)
 

Pioneer DV-S969AVi
Electra Glide Epiphany X AC Power Cable ※1
|
Monster Cable HDMI400
|
Pioneer PDP-505HDL
Monitor unit: MIT Shotgun AC1 AC Power Cable
Tuner unit: Current Cable Conqueror AC Power Cable

 

◆アクセサリー等
 

  PAD CRYO-L2 壁コンセント (DA-7050T)
  Oyaide SWO-XXX Ultimo + クライオ処理 壁コンセント
   (Power Foundation I)
  DENKEN DA-7050T AC Power Supply (CDP, Univ.P)
  AudioPrism Power Foundation I AC Power Conditioner
   (PreAMP, PowerAMP)
  PAD Dominus AC Power Cable Rev.B Plasma Upgrade (DA-7050T)
  furutech G-20A-18 + furutech FI-11M 20A AC Power Cable
   (Power Foundation I)
  PAD MUSAEUS AC Power Cable (AT-PT1000)
  audio-technica AT-PT1000 電源タップ(AV etc.)
  Isoclean Power Audio Grade Fuse (PreAMP)

  Bell'O AV Rack AVSC-2102, ATC-2101, SPC-300M
  MEI前田製管 Audio Board MMW-1 × 2 (SP)
  Symposium Super Plus Platform 1914 audio board (CDP)
  Symposium Super Plus Platform 1918 audio board (PreAMP)
  Symposium Ultra Platform 1918 audio board (PowerAMP)
  KRIPTON Audio Board AB-2000(Univ.P)
  taoc TITE-25PIN, audio-technica AT6294 (Univ.P)
  Symposium Svelte Shelf audio board (控え)
  Sound Stage Sound Cookie SCI-1R インシュレーター
   (Power Foundation I)
  Acoustic Revive RIQ-5010 インシュレーター (控え)
  fo.Q制振シート
  Eighth Nerve Response Controllers コーナーRC
  川島織物セルコン 吸音カーテン コーズ × 2
  KRIPTON Mystic White 吸音フェルト × 4
  東急ハンズ 黒檀ブロック × 5, テグス (Cable)
  Nichibei すだれ 竹経木 × 2
  石匠運慶 ヒマラヤブルー御影石 Audio Board × 2 (Surround SP)
  ディスクスタビライザー fo.Q DS-25 Remaster-Ring

機器導入歴

2003年
4月 B&W Nautilus 803 (~2005.7)
  Dynamic Audio BRASS SHELL (~2005.7)
Pioneer VSA-AX10i
  Kimber Kable 4PR SP Cable
  taoc PTS-4 ×2
7月   PAD CRYO-L2 壁コンセント
  PAD CRYO-L2 壁コンセント (~2005.12)
10月 ※転居
  Bell'O AV Rack AVSC-2102, ATC-2101, SPC-300M
12月 Pioneer DV-S969AVi
 
2004年
1月 Goldmund Mimesis 28ME (~2007.12)
  PAD MUSAEUS Interconnect RCA
2月   PAD MUSAEUS Biwire SP Cable (~2005.7)
6月   MIT Shotgun AC1 Power Cable
9月 Pioneer PDP-505HDL
Pioneer DVR-510H (~2007.11)
12月   PAD MUSAEUS AC Power Cable
 
2005年
3月   Goldmund Power Cable L (~2006.9)
4月 Mark Levinson No390SL (~2009.2)
  Wireworld Gold Eclipse 3+ Interconnect RCA (~2006.6)
  SAEC EFF-2000 Digital (~2005.12)
  KRIPTON AB-2000 Audio Board (~2007.7)
5月   Kimber Kable KS-3035 SP Cable + WBT-0680Ag
  Kimber Kable KS-9038 Jumper Cable (~2005.12)
  KRIPTON AB-2000 Audio Board × 3 (~2007.9 × 2)
7月 JM Lab Alto Utopia Be
  KRIPTON AB-3000 Audio Board × 2 (~2007.6)
11月   Synergistic Research Designers' Reference Digital
12月   DENKEN DA-7050T AC Power Supply
 
2006年
1月 Viola Cadenza
  Stealth Cloude Nine AC Power Cable (~2006.9)
2月 JM Lab Chorus 706S
  Supra Classic 2.5H SP Cable + FURUTECH FP-203G
  JPS Labs Superconductor2 Interconnect XLR
  (~2006.6)
3月   Stealth Indra Interconnect XLR
4月   Eighth Nerve Response Controllers コーナーRC
  Stealth Indra Interconnect XLR (2本目) (~2007.1)
5月   川島織物セルコン 吸音カーテン コーズ
  Isoclean Power Audio Grade Fuse
  Electra Glide Audio Epiphany X AC Power Cable
8月   Current Cable Peacemaker AC Power Cable × 2本
  Current Cable Conqueroe AC Power Cable
  Acoustic Revive RIQ-5010 インシュレーター
9月   Oyaide SWO-XXX Ultimo 壁コンセント + クライオ処理
10月   Sound Stage Sound Cookie SCI-1R インシュレーター
12月   Stealth Dream AC Power Cable for Digital Gear
  Stealth Indra Amorphous Interconnect RCA (~2007.3)
 
2007年
1月   PS AUDIO Noise Harvester 電源ノイズ低減器 (~2007.4)
  audio-technica AT-PT1000 電源タップ
  Stealth Dream AC Power Cable for PowerAmp
  (~2007.3)
  Synergistic Absolute Reference AC Power Cable
  (~2007.9)
  PAD Dominus AC Power Cable Rev.B Plasma Upgrade
3月   NBS Omega 0 Interconnect XLR
  NBS Omega 0 Power Cable
  AudioPrism Power Foundation I AC Power Conditioner
  furutech G-20A-18 + furutech FI-11M 20A
  AC Power Cable
  トラバーチン大理石 Audio Board (~2007.7)
  Symposium Svelte Shelf Audio Board
  fo.Q制振シート, taoc TITE, TITE-25PIN, J1青
4月   audio-technica AT6294
5月   MEI前田製管 MMW-1 Audio Bord × 2
7月   Symposium Super Plus Platform 1914 Audio Bord
8月   Symposium Super Plus Platform 1918 Audio Bord
  Symposium Ultra Platform 1918 Audio Bord
10月   <修理>Mark Levinson No390SL - ピックアップ交換
  <修理>Viola Cadenza - ギャングエラー改善(ボリューム研磨)
  <修理>Pioneer DV-S969AVi - ファームアップ
11月   <修理>Mark Levinson No390SL - HDCDパイロットランプ異常
Panasonic DMR-XW100
12月 darTZeel NHB-108 model one
  QRD Skyline 拡散板 (~2007.12)
 
2008年
3月   KRIPTON Mystic White × 4
5月   ディスクスタビライザー fo.Q DS-25 Remaster-Ring
6月 RME Fireface 400 オーディオインターフェース
Plextor Premium2 CD-RWドライブ
Dell Inspiron 1526 ノートPC (~2010.9)
7月 Antelope Isochrone OCX
  stereovox HDXV BNC Cable
9月   NBS Black Label II Digital RCA
 
2009年
2月 dCS Elgar plus D/A Processor
3月   Esoteric i.Link Cable
  stereovox HDXV BNC Cable(2本目)
5月   Steinberg Cubase Essential 4
 
2010年
4月   YAMAHA External AC Power Adaptor PA-6
9月 DPAT Seven 64

 

最初のSP  初代SPのB&W N803...
 なぜかとっても夏っぽい写真

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。