FC2ブログ
 

 

個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健全な聴感は健全な肉体に宿る - ORBEA Orca

 健全な聴感ってなんだよ!?って感じだし、健康になって聴感が研ぎ澄まされて、ますますオーディオに金をかけないと満足できなくなる、ってのも困るのだ。あ、これは誰かが言った言葉じゃなくて、ヲレがこの記事のタイトルが思い浮かばなくて、無理やり書いただけなんだけど。ま、オーディオマニアの方々も健康には気を使いましょ、ってことを言いたかったのだ。

ORBEA OrcaORBEA Orca
 2台目のロードバイクである。1台目のバイクは5年ほど乗ったか。2万km近く走った。
 1台目はロードバイクのことは何も知らずに買ったので、今回の2台目は多少凝ってみた。バイクも凝るとパーツひとつひとつの選択に悩むし、その分面白い。その辺はオーディオと同じだ。歳をとると体力が衰えるのに反比例して、おっさんほど高価なパーツに頼るのもオーディオと同じかも。
 ちなみにこのOrcaは、北京オリンピックのロードレースで金メダルを獲ったスペインチームが乗っていたフレームなのだ。すげっ!



スポンサーサイト

PCオーディオ

 従来のオーディオ機器・アクセサリー類に関する試聴はこちら

◆2009年5月

これでいいのかな? Steinberg Cubase Essential 4
Steinberg Cubase Essential 4 (対Lilith)

◆2009年4月

ハイビット/ハイサンプリング再生
Windows Media Player 10.0

◆2009年3月

Antelope Isochrone OCX 再評価
stereovox HDXV digital Cable

Esoteric i.Link Cable
Esoteric i.Link Cable (対現行のFF400付属の4mのi.Link Cable)

◆2008年9月

NBS Black Label II Digital RCA
NBS Black Label II Digital RCA (対現行のSynergistic Research Designers' Reference Digital RCA)

◆2008年8月

アルバムリスト

PCの足元にオーディオボード???
PC on Symposium Svelte Shelf on ラグ on フローリングの床 (対現行のPC on ラグ on フローリングの床)

mp3バンザイ!

音楽再生ソフトFrieve AudioとLilithの音の比較

audioquest Optilink-5 Toslink Fiber Optic Cables試聴
audioquest Optilink-5 Toslink Fiber Optic Cables (対現行の付属オプティカルケーブル, Synergistic Research Designers' Reference Digital RCA 同軸ケーブル)

◆2008年7月

Synergistic Research Designers' Reference Digitalの配置換え
Synergistic Research Designers' Reference Digital (対現行のWireworld Starlight III RCA Digital Cable)

S/PDIFのTOSLINKオプティカルケーブル接続とRCA同軸ケーブル接続の比較
FF400付属オプティカルケーブル、Wireworld Starlight III RCA Digital Cable

Fireface 400へのDVD(リニアPCM)接続

Antelope Isochrone OCX

PCオーディオお試し その参 - Dell Inspiron 1526 OSチューニング後
Dell Inspiron 1526 の続き

◆2008年6月

PCオーディオお試し その参-(3マイナス) - Dell Inspiron 1526
Dell Inspiron 1526 Athlon DualCore1.9GHz/2GB/160GB Vista ノートPC

PCオーディオお試し その弐 - Plextor Premium2
Plextor Premium2 CD-RWドライブ

PCオーディオお試し その壱 - RME Fireface 400
PCオーディオお試し その壱点壱 - RME Fireface 400その直後
RME Fireface 400 オーディオインターフェース



Current Cable 情報更新

 日本でのCurrent Cableの販売ルートが、個人輸入ベースではあるが、決まったらしい。試聴のためのケーブルの貸し出しもあるようなのだが、その辺はお互いに信用関係をどう築けるかが、難しいかも。まだまだショップでの扱いはないようなので、私宛にメールをもらえれば、日本側で窓口となっている方をご紹介できる。

 日本での販売価格はこちら

 余談だが、私がケーブルを注文してから、またまた改善がなされたらしい。私がお願いした圧着チューブ部分を柔らかくすること以外に、導体の銀線を変更したり、プラグを換えたりして、驚くほど音が良くなったとのこと。
 私が注文したものと音が違うものが納品されてくるわけで、ちょっと「?」と思ってしまう。でもなんか、頑固オヤジがやっている料理屋に入ったみたいな、全部オマカセで余計な注文したら怒られるみたいな、妙な信頼感が生まれているのが、我ながら可笑しい。
 納品された後も、延々と改善は続いていくのだろうけど、"* a lifetime warranty"って、そーゆーことなのかな。
 いつまでもガレージメーカーのままで、大企業にはならないでほしいね。


更新情報 - 2006.5.13

  ● 吸音カーテン 追記その三  長々書いたが、その結論は・・・

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。