個人主義

音楽 オーディオ CD/DVD 他

2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニバーサルプレーヤーの故障

 我が家のユニバーサルプレーヤーDV-S969AViにて、DVDの再生ができなくなった。DVDを挿入しても自動再生しないし、PLAYボタンを押してもしばらくしてSTOPとなってしまう。そればかりか、OPENを押してもウンともスンとも言わずメディアの取り出しもできなくなってしまった。
 さて困った。とりあえず映画コンテンツはDVD/HDDレコーダーで再生すればよいとして、問題はミュージックビデオである。音声をデジタルアウトして、オーディオに接続できているのはDV-S969AViだけである。うーん。

Pioneer DV-S969AVi Pioneer DV-S969AVi

 ぼちぼちブルーレイプレーヤーを買おうかどうしよーかと考えてもいた。でももうしばらくしたら技術的にも値段的にもこなれてくるような気がするし。やっぱ、DV-S969AViを修理して、BDPはもそっと先の楽しみに取っておこうか。
 思えばこのDV-S969AVi、修理は2度目である。


スポンサーサイト

オーディオに毒される?!

 本日、いや日付はすでに昨日の夕刻、東京国際フォーラムのガラス棟地下ロビーギャラリーを通りかかった。そこでは『AFTER-HOURS’CLASSICS 音楽のオアシス 第4回「世界~感動をつなぐ音」』なるイベントが行われていた。ハープとチェロの演奏、思わず足を止めてしばし耳を傾けた。

 う~ん、なんだか感動できない。私の心に響かない。厚みがなく、なんだか硬質な音に聴こえてしまう。好みの楽器のハズなんだが、おかしいなぁ。ふと見るとPAのスピーカーの真ん中に鮮やかなオレンジ色のJBLのロゴが。あちゃー、私の苦手なスピーカーである。
 奏者が代わって、フルート、バイオリン、それにソプラノのデュオ。やっぱり音に温かみが感じられない。フルートの高音には、耳に刺さるような違和感さえ覚えてしまう。

 私の好みの音ではないと感じた後に、JBLのスピーカーを見つけて印象を深めたのか、それともJBLのロゴを見たから好みの音ではないと、先入観が取って代わったのか。
 ただ単に、主催者側の音響の演出と私の好みが合っていなかっただけなのかもしれない。あるいはそうではなく、もしかしたら、音響機器のメーカーロゴを見ただけで、私の感性が左右されてしまうほど、私はオーディオに毒されてしまったのかもしれない。どっちなのだろう。
 ちょっと悲しい気分になって、その場を離れた。

 ま、オーディオを知る前は、私はクラシックの良さなどこれっぽっちも気づかなかったので、行って来いでイーブンかな。
 深く悩まないのも私の取り柄である。


mp3バンザイ!

 倹約家の両親に育てられた私は・・・、あ、ウソ、貧乏人の小せがれだったヲレは、1998年頃にCDチェンジャー付きカーステレオ搭載の車を所有するまでは、CDを購入する習慣がなかった。それまでは、聴きたいCDがあると全部レンタルしてきてカセットテープに録音するか、90年代後半にカセットテープデッキの調子が悪くなってからは、mp3にリッピングしていた。つまり現在私は、数多くのmp3の資産を所有しているのである。カセットテープ資産は潔くぜーんぶ捨ててしまったけどね。

 ちょっと前のブログに、DVDのリニアPCMの音が良くなったのはPCオーディオの副産物だと書いたが、副産物をもうひとつ見つけた。そうmp3の音である。PCオーディオなんだから、mp3の音は"主産物"という見方もあるだろーけど、想定外の産物ってことで、ここでは"副"という扱いにしておく。
 あたりまえのことなんだが、PCオーディオで聴くmp3音源は、PC単体やiPODで聴く場合とは、まったく別物の音がする。今までこのブログで色々なオーディオ機器の試聴の感想を述べてきたが、それと同じレベルで音を評価できるのである。つまり、PCオーディオで聴くかぎりにおいては、mp3はCD(PCM)とそれほど大きくは違わないのである・・・、いやちょっと言い過ぎか、"今まで思っていたほど"には違わないのである。
 mp3は、スカスカで密度の低そうな音であるし、高域の響きはなんとも情けなくカスレている。しかし、音像の描かれる様、楽器の展開される様は、まさにピュアオーディオのそれなのである。素晴らしいっ!その昔聴いていた音楽は、実はこんな美しい演奏、録音だったのかぁーっ、と、感慨にふけるとはこのことを言うのだろう。

 当時、繰り返し繰り返し聴いていた、Atlantic Starr、Billy Joel、Bozz Scaggs、Christopher Cross、Diana Ross、Elton John、Eric Carmen、Frankie Goes To Hollywood、Gloria Estefan & The Miami Sound Machine、Joe Cocker & Jennifer Warnes、John Waite、K-CI & JOJO、Lionel Richie、Paul Hardcastle、Phil Collins、Princess Princess、Rita Coolidge、Robert Palmer、Sting、Tears for Fears、The Mamas & the Papas、The Police、Yazoo(さて仲間ハズレは誰でしょう?)や、大学時代の仲間内で流行っていた御三家プラス1の須藤薫、中原めいこ、門あさ美、当山ひとみ、大御所の松任谷由実、柳ジョージ&レイニーウッドなどなど、聴き始めたら止まらなくなってしまった。
 こうやってアーティストを並べてみると、なんだか80年代前半が中心なんだなぁ。私が今オーディオで聴いている音楽とは、ちょっと違ったジャンル、カテゴリーの音楽のようだ。
 これらの曲を聴いていて、ふと思ったことがある。昔から好きな曲の多くには、何らかの情景が重なって思い起こされてくるのである。


 ~スキーの帰り、ゲレンデの駐車場から出す車の中、満足げな疲労感を浮かべた仲間の顔に囲まれながらカーステレオにカセットテープを差し込む。流れてくる「John Waite / Missing You」

 ~仲間内で主催するディスコパーティ。いつも必ず最後にかけていた「Boys Town Gang / Can't Take My Eyes Off You (Extended Version)」。そのとき私はもちろんお立ち台にいた。みんなが私を見ていた! よーな気がした。

 ~ちょっとだけ好きだった子。留守電のBGMだった「Bozz Scaggs / We're all alone」

 ~六本木交差点から溜池方面の坂を下りきったあたりにあった場末のバー、トルバドール。夜の0時を過ぎると、常連客と六本木、銀座あたりの水商売のおにーちゃん、おねーちゃん達の集うアブナイ感じの店だった。かたぎのヲレは「柳ジョージ&レイニーウッド / フェンスの向こうのアメリカ」やら「山下達郎 / Loveland Island」やらをカラオケで唄っていた。顔見知りの常連客のひとりの寿司屋の板さんは、暴力団構成員さながらの風貌で、一緒に連れて行った会社の後輩は、完全にビビッていた。翌日から、会社での私の評判が微妙に強化された。

 ~乃木坂の隠れ家的カフェ。ジュークボックスで聴いて心に染みた「Ella Fitzgerald / Mack The Knife」。はじめて好きになったJazzナンバーだ。

 ~みなとみらいのランドマークプラザにあるフィットネスに通っていた。帰りの車、ナビの液晶TVで見てた久米宏ニュースステーション。カーステレオから偶然流れてきた「井上陽水 / 最後のニュース」。それからしばらくして久米は降板した。・・・で、ちょっとしてまた復帰した。

 ~曲が聴こえてくると、ところかまわずコンサートの振り付けをマネして踊った「Earth, Wind & Fire / Fantasy」。ウケたのか、ヒカレたのかは不明だ。

 ~那覇の松山の交差点近く、当時内装3億円のディスコ、スクランブル。ツアーの添乗員のバイトをしていた私は、ウチナンチューのヤローどもからツアーのお客さんであるナイチャーの女の子をエスコートしながら踊った「Paul Hardcastle / 19 (nineteen)」。ウワサで聞くほどウチナンチューの男は、悪い連中ではなかった。

 ~帰省するたびに利用する中央高速道。なぜか高い頻度で聴いていた「松任谷由実 / 中央フリーウェイ」。お約束すぎるお約束だ。帰りは「Elton John / Goodbye Yellow Brick Road」が定番だった。

 ~大阪難波の三津寺筋にあったカラオケスナック。出張のたびに寄ってはママの次女にデュエットしてもらっていた「Atlantic Starr / Always」、「Diana Ross & Lionel Richie / Endless Love」、「Joe Cocker & Jennifer Warnes / Up Where We Belong」、「Phil Collins & Laura Pausini / Separate Lives」、「高橋真梨子 with 玉置浩二 / 貴方が生きたLove Song」。次女は身長180cm超のショーモデルで、ママは客の悪口が大好きで、オレはその悪口を聞いて笑ってた。店がハネるとよくうどんを食べに連れて行ってもらった。タック・バレンタインという店だった。みんな元気だろーか。


 そう考えると、今現在こうやってオーディオで曲を聴くとき、同時に心に入り込む情景はない。オーディオ機器とオーディオルームが回りにあるだけである。オフ会などをやっているのであれば、同好のマニアな方々が周囲に居るのであろうが、それはなかなか甘酸っぱい記憶にはなり難いだろう。なったらちょっと恐いし。
 懐かしい思い出と混じり合って、胸がキュッとするような気持ちにさせる曲、それは音楽の域を超えて、別の"ナニカ"になったかのようだ。どちらがよいかという話しではない。でも、思い出と一緒に記憶された曲は、いつまでたっても、いくつになってもナマラ温かく、なんとも気持ちよくさせてくれるのだなぁ・・・。mp3をPCオーディオで聴いて、改めて再認識させられたのである。
 オーディオルームの外でも音楽をいっぱい聴かないと、いつも音楽を携えていないと、音楽は別の"ナニカ"にはならないのだ。

 おっ!なんだか、いいこと言ったか?!ソーデモナイカ。


江の島とオーディオ

 「江の島とオーディオ」って。オレもずいぶんとムチャ言うなぁ・・・

江の島 2008.4.29
 今シーズン一発目。江の島の南端から海を臨む。今日もチャリで往復108kmを走破した。
 写真撮るのを忘れたので、これは去年の9月10日のもの。すまぬ。
 家に帰って、シャワーの後、オーディオでまったりと聴くJazzが格別、って無理やりかい。


桜とオーディオ

 桜とオーディオ・・・、さすがに関係なかったか。ゴメンナサイ。

目黒川3月27日13時30分
目黒川

 本日、都心では桜が満開になったと、気象庁は発表した。

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

へい。

Author:へい。
 オーディオ歴ははや10年。いくら年数を重ねても、やってることは初級者の域を出ないようだ。このブログはオーディオ関連のインプレ集なのだ。
※ご注意:私は、オーディオで音楽を聴くたびに、毎回感動したり驚いたりする。だからといって、我が家のオーディオが飛び抜けていい音をさせているワケではないし、なにか特別な機器・アクセサリーを使っているワケでもない。ブログをよく読んでいただければ、短所も明記されているのが分かるハズだ。どうか、美しい誤解をされませんように。

オーディオ・メニュー


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールを送る

メールを送る 

My Yahoo!に追加

My Yahoo!に追加
Google

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。